名草厳島神社(名草弁天) 足利七福神めぐり

名草弁財天4

名草厳島神社のご紹介です。

名草厳島神社は、足利七福神めぐりの一つでもあります(弁天様)。

足利の中心部から北へ15キロ、北関東道足利ICからは車で15分の距離です。

 

普段は山の中のとても静かな神社です。


[スポンサーリンク]







名草弁財天6

周囲は県立自然公園「関東ふれあいの道」のハイキングコースになっていて、

足利の山々を縦走できます。

ここから行道山浄因寺までは8.5kmあります。

参考→足利百名山地図(拡大図を追加しました)

足利低山ハイキングコースPDF

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/uploaded/attachment/6148.pdf

名草弁財天11

駐車場はこの鳥居の手前にあります(普通車10台、バス3台)。

右の奥には売店、釣り堀やキャンプ場があります。

名草弁財天26

名草の巨石群へは、厳島神社の参道脇から徒歩で行く場合(400m)と、

釣り堀を奥へ車で10分ほど山道をぐるっと裏側に廻り、すぐ脇の駐車場からも行くことができます。

名草弁財天5

駐車場から本殿へは600mほどですが、登り坂なので意外とキツイです^^

ゆっくり歩いて15分ほどかかります。

名草弁財天14

鳥居にある「厳島神社」の額

名草弁財天12

「厳島神社」の石碑

 

正式名称は「厳島神社」ですが、名草弁天と呼ばれることも多いです。神仏習合の名残です。

名草弁財天13

足利七福神めぐりでは、明石弁天(本城厳島神社、通称:美人弁天)、

長尾弁天(通六丁目厳島神社)とここの3か所に弁天様がいらっしゃいます。

名草弁財天10

鳥居脇の小さな滝。

参道に沿って名草川の清流が流れています。

 

厳島神社といえば、安芸の宮島が有名ですが、

どこの厳島神社でも「水・清流」がキーワードになっていることが多いですね。

日本三大弁天=宮島の厳島神社、江の島の厳島神社、琵琶湖竹生島の厳島神社。

名草弁財天15

参道は車止めがあって車両通行禁止でした。

名草弁財天17

渓流の音を聞きながら、舗装された道をまっすぐ進みます。

名草弁財天16

「弁財天 黄金の川」とありますが、

名草弁財天21

 上流から流れてきた砂金?・・・ではなくて、雲母です!(^^)!

この一帯が花崗岩(かこうがん)に囲まれているからなのですね。

沈殿して黄金色になっていました。

名草弁財天19

前日は大雨だったので、若干濁ってはいますが、それでも川の水はとても綺麗です。

名草弁財天18

途中、左側に石碑がありました。何と書いてあるのかは読めません(^_^;)

名草弁財天23

舗装道から山道に変わり、

名草弁財天25

ここはお水取りの場所でしょうか?

と思ったら、手水舎はないので、ここでお清めをするようです。

名草弁財天24

川の水をパイプで引水して滝のようになっています。

この日はお役所の方なのか、水質調査らしきことをやっていました。

名草弁財天28

2つ目の鳥居が見えたところで

名草弁財天38

巨石群に向かう分かれ道がありました。

先に弁天様にお参りです。

名草弁財天32

 二つ目の鳥居

名草弁財天36

厳島神社と書いてあるのか、扁額の文字は判別できません。

名草弁財天37

「弁慶の割石」です。

弁慶がこの石の上に仁王立ちになり手にした楊杖で、「エイッ」とばかりに突いたところ、さしもの此の大石も弁慶の怪力によって見られるとおり真っ二つに割れて現在の姿になったと言い伝えられております。

名草弁財天39

う~ん 見事に真っ二つです^^

ずっと以前に訪問された方のブログには、この石の周りが水で満たされていて、

「宝之泉」と書かれていたのですが、この日はお水はありませんでした。

名草弁財天41

レンズに傷がついてしまったのですが、光の入り方がパワースポットみたくなりました(^_^)

名草弁財天43

弁天様の石像がありました。「安産・子宝 弁財天」

比較的新しいです。

弁天様は、技芸・学問・弁舌の神様(仏様)なので、琵琶を持っていることが多いですが、

インドの水の神様サラスヴァティは水の神、龍神・白蛇信仰に結び付いており、

とぐろを巻いた白蛇の上に弁天様が乗っている場合もあります(宇賀神像)。

名草弁財天47

反対側には神楽殿らしき建物。

名草弁財天42

奥の古い木造の建物が社殿ですが、手前に大きな石があり、

名草弁財天44

石の前には「胎内くぐり」の案内板がありました。

「このお供石の下に洞窟があります。ここをくぐり抜けることを胎内くぐりと言います。そして、胎内くぐりを致しますと、子供のない方は子宝に恵まれ、妊娠している方は、お産がたいへん軽くすむと言われております。どうぞお参りの後で胎内くぐりをしてください。」

というわけで、先にお参りします^^

名草弁財天49

社殿も、自然に積み重なった大きな石(磐座)の上に建てられており、

お供石と赤い橋(神橋と言ってよいのか)で結ばれています。

橋の奥には川の水が巨石をつたい、滝のように流れています。

名草弁財天52

かなり年季の入った社殿ですね。

「仁年間(810~824年)弘法大師空海によって勧請されたと伝えられ、江戸時代中期には別当である金蔵院によって巨石の上に石宮、 後に弁財天像(現在も金蔵院弁財天堂に祀られる)が造立されました。江戸時代の祭典の際には、弁財天を運び祭礼を行っていたましたが、明治維新の神仏分離により、 厳島神社となり平成元年新たに弁財天を造立しました。

鎮座している名草巨石群は国指定の天然記念物です。
足利七福神めぐり社寺の一つで弁財天<福徳財宝・家内和合>の神社です。」

~足利市の公式サイトより

弘法大師は白蛇に導かれてこの地を訪れたと云われているようです。

参道の途中で、山かかしが2匹干からびていましたが・・・。

名草弁財天53

「厳島社」と書いてあります。

名草厳島神社83

その隣には、東京や千葉の会社名と思われるものがズラッと並んだ奉納の額がありました。

昭和59年とあります。

名草弁財天54

拝殿には白蛇の額が飾られています。

名草厳島神社81

通常は、拝殿→幣殿→本殿と並んでいるはずのところ、

拝殿の脇を見てみましたが、奥に建物はないようです。

名草厳島神社80

拝殿の右側を見ていると、小さな祠がありこれが本殿ではないかと思われます。

実は、拝殿に向かう途中、パッと目に入って、エネルギーを発しているに感じました。

名草弁財天50

こちら、社殿と巨石を結ぶ神橋。

名草弁財天57

鉄製でできており、一人がやっと通れる幅で、高さもあるのでちょっと怖いです。

名草厳島神社85

お供石のアップ。

拝殿脇の小さな祠とこの巨石からはエネルギーを感じました。

とくに、この巨石は癒しのエネルギーを発していて、神社にある御神木のような感じです。

手を当ててみるとすーっと気持ちがホンワカと軽くなるのを感じます。

この巨石が御神体のようですね。

名草厳島神社84

そういえば、この神社には御神木らしきものはありませんでした。

拝殿脇の祠の横に大き目の木がありましたが、御神木かどうかは不明です。

名草厳島神社87

下を見ると結構な高さがあります。

名草厳島神社86

お供石から見た拝殿。

 

御祭神:市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

 

御由緒の案内板もパンフレットもないので詳細は不明ですが、

wikiによれば、社格は旧村社のようです。

厳島神社といえば御祭神は宗像三神、とくに中心となる市杵嶋姫命です。

市杵嶋姫命は、宗像三神(田心姫命、田寸津比売命)の三姉妹の一神です。

 

古事記には、

「須佐之男命(すさのおのみこと)が高天原を奪いに来たのではないかと

天照大御神が疑いをかけた際、

須佐之男命は潔白を証明するため、

持っていた十拳剣を天照大御神の勾玉を交換し、

誓約(うけい)をして子を産みましょう、と申し出た。

天照大御神が須佐之男命から受け取った剣を岩に叩きつけると、

剣の欠片から美しい宗像三女神が生まれたので、潔白が証明された。」

という話があります。

その後、須佐之男命は高天原で乱行を繰り返したのですが・・・。

 

日本書紀では、宗像三女神は天孫降臨の際に道中の安全を

守護するよう天照大御神から命じられたとあり、

そこから海上安全、交通安全の神として信仰されるようになりました。

宮島をはじめ、厳島神社が水辺と縁が深いのも頷けます。

いちきしまが「斎島(いつくしま)」(謹んで神を祀るという意味)に由来するとも言われています。

 

一方、市杵嶋姫命を弁天様として祀るようになったのは、

先ほどのヒンズー教の神様(サラスヴァティー)が日本に入ってきてからです。

民間信仰との習合により、江戸時代以降、

市杵嶋姫命と弁財天を同一視するようになり、七福神の一つとしてもてはやされるようになりました。

明治時代に神仏分離された以降もその名残が全国の厳島神社で残っています。

 

先ほどの胎内くぐりですが、

名草弁財天42

入口を見てみると

名草弁財天65

中は真っ暗で狭く、一人で入るにはちょっと怖かったです^^

なので、今回はパスしました(^_^;)

 

では、鳥居の方に戻ります^^

名草弁財天69

御神木になりそうな巨木はないのですが、マイナスイオンたっぷりの参道です。

名草厳島神社89

道端にいたアカガエル。

名草弁財天71

入口の赤い鳥居を出ると、

名草弁財天78

脇に石の鳥居がありました。

階段は草で覆われていて、蜘蛛の巣が顏に巻きついてきました(>_<)

名草弁財天79

ボロボロの状態ですが、石碑には「日光神社」とありました。

う~ん、神様はいなそうな感じ。

 

日光神社は、足利市名草中町3436に立派な神社があり、

そこの御神木である杉が根元で5本に分かれているという珍しい杉で、

足利市の天然記念物に指定されています。

 

そちらの御祭神は大己貴命と田心姫命、味耜高彦根命なので

(日光二荒山神社と同じ親子三神)

こちらもそうなのかもしれませんが、詳細は不明です。

 

お参りも終わり、御朱印はどこで頂けるのかとちょっとウロウロ。鳥居脇の売店に向かいました

名草弁財天73

平日だったので、空いていたのはこのお店だけでした。

名草弁財天74

山歩きで汗をかいたので、かき氷が目に留まりました!(^^)!

名草弁財天75

注文したのはいちごミルク。癒されますね♪

名草の山では、足利市の中心部よりも2~3度気温が低いので、

夏場も木陰は涼し目です。


売店のおばちゃんに、厳島神社の御朱印はありますか?と尋ねると、

「5月のお祭りの時にしか宮司さんがいないので、

七福神めぐりのスタンプだったらありますよ。」

と言って、場所を案内してくださいました。

名草弁財天76

鳥居の左側に建物があり、玄関前にスタンプが置いてありました。

名草弁財天77

こちらが、名草弁天のスタンプです。

 

今回は御朱印帳に押しましたが、

足利七福神めぐりのパンフレットでスタンプラリーができるようになっています。

七福神は7人ですが、足利では11か所寺社があります。

一日だとちょっと忙しいですね^^

 

名草厳島神社の例大祭は、5月4日・5日です。

 

続いては、厳島神社の奥宮である「名草巨石群」に向かいます。

 


[PR]足利・佐野のレストラン クーポン・予約 ホットペッパーグルメ[PR]


*情報は掲載時のものです。
変更されている場合がございますので、お出かけの際には事前にご確認ください。


【参考記事】足利市のイベント

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 足利情報へ
にほんブログ村

 

 

名草厳島神社(名草弁天)

栃木県足利市名草上町4990

大きな地図で見る


[スポンサーリンク]




【足利七福神めぐり・弁財天の関連記事】

日本三大毘沙門天「大岩毘沙門天『最勝寺』」

美人弁天「本城厳島神社」(足利七福神めぐり)

出流原弁天池・磯山弁財天(佐野)

>>栃木県足利市内のホテル

>>栃木県の源泉掛け流し100%の宿(温泉遺産を守る会)





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 3,668 人です, 本日の訪問者は6 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です