「足利マール牛」を商品化 発酵飼料、ブドウの搾りかす生かす

ココファーム&ワイナリーのブドウの搾りかすが足利のブランド牛を生み出した!という話題です。

「足利マール牛」を商品化 発酵飼料、ブドウの搾りかす生かす

 

市内のワイン醸造所や農場、佐野市の精麦所などが協力して、新たな肉牛のブランド「足利マール牛」を商品化した。ワイン醸造の際に出るブドウの搾りかす「マール」を飼料に配合することで、健康で肉質の良い牛ができ、地域資源の活用にもつながるという。マール牛を使った料理の試食会も開かれ、参加者らの受けも上々。関係者は、マール牛を取り扱う飲食店の拡大を目指していく。

商品化に携わったのはワイン醸造のココ・ファーム・ワイナリー、洋菓子製造・販売の大麦工房ロア、農・畜産業の長谷川農場(いずれも足利市)と精麦、飼料麦加工の勅使川原精麦所(佐野市)。

ブドウの搾りかすには、ポリフェノールやビタミンEが豊富に含まれているため、同農場の長谷川良光代表らが「有効活用できないか」と肉牛飼料への利用を検討してきた。

飼料づくりは、乳酸菌で発酵させることで長期間の保存を可能にする独自のサイレージ技術を持つ同精麦所が担当。ブドウかすに、水分調整として地元産の二条大麦の粉を加えるなど研究を重ね、年間を通して使えるマール飼料を開発した。

交雑牛約500頭を飼育する長谷川農場が、このマール飼料をことし2月から牛に与え始めた。出荷前最低4カ月間はマール飼料で育てる。今月、全農肉牛枝肉共励会の交雑種の部で、この飼料を食べた牛の枝肉が最優秀賞を獲得した。

発酵飼料は整腸作用によって健康な牛をつくるとされ、食味も良く、ビタミンEは肉を長持ちさせる効果も。価格はブランド牛に比べかなり安いという。

~2013年7月28日 下野新聞より

 

【管理人コメント】

ココファームのブドウの搾りかすを飼料にしているというのも、

地元のブランド牛らしいアイデアで良いですね♪

 

栃木県の黒毛和牛のブランドというと、「とちぎ和牛」、「とちぎ霧降高原牛」、「日光高原牛」

が指定されているそうですが、

産地のお店やホテルに行かないとなかなか食べる機会も少ないです。

ですが、意外にも、飼育数は全国トップレベルなんですね^^

「栃木県の肉牛飼養頭数は、98,100頭で全国6位で、九州、北海道を除いた本州では2位です。
また、これを産出額で見ると、本州で第1位となっています。(04年 約237億円)
和牛の肥育頭数は、約22千頭で全国9位、交雑牛の肥育頭数は、約37千頭で全国3位となっており、肉牛の主要産地であります。」

http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c-401beef

足利のお店で早く味わってみたいです(^^♪






(このページの訪問者は 1,353 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です