【足利】スウィーツ&レストラン Antique アンティーク ★★★

 

最終更新日  2017/12/17 訪問日 2017/8月下旬

【スウィーツ&レストラン アンティーク】基本情報

すうぃーつ あんど れすとらん あんてぃーく

住所:栃木県足利市芳町39−3
TEL:0284-44-2565
公式twitter

【営業時間・定休日】

営業時間:11:00~23:00(ランチ11:00~15:00)
定休日:毎週火曜日、第3水曜日(連休)

口コミ評価:google 4.3 点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆洋食メニューの豊富なレストランを探している
◆ケーキの種類が充実しているレストランが良い
◆夜遅くまで営業している洋食屋さんを探している


[スポンサーリンク]







【レトロな洋館のレストラン アンティーク】

「スウィーツ&レストラン アンティーク」は、洋食と洋菓子のレストランです。

ファミレス街のある芳町のあるメインストリートを1本西に入った住宅街にあります。イギリス風のレトロな洋館が目印です。

以前は、「アビーロード」という名前で営業していました。その当時(といっても25年くらい前)は何度かお邪魔したことがあるのですが、知らない間にお店が変わっていました。もう10年くらい経つのでしょうか。

足利インターから市内に向かう途中、夜10時過ぎに営業しているチェーン店以外の洋食屋さんはないかと探していたところ、たまたまヒットしたので、「あぁ、アビーロードのあったあそこか!」と気付いたのですが、通りがかりにお腹が空かなかったらしばらく訪問する機会もなかったのではないかと思います。

以前は白壁に明るい青い屋根が遠くからでも目立つ建物でしたが、時の経過とともに味が出て、「アンティーク」という名前にふさわしいレトロな建物になりました。

夜の「アンティーク」の外観。

カメラでは緑色のライトに見えますが、実際は白熱灯の灯の色です。

駐車場は庭の入口前にあります。

カメラでは緑色に写ってしまうので、ゴシック館のように見えなくもないです(^_^;)

コウモリが飛んできそう~~~

昼間に来れば、普通のイングリッシュガーデンとイギリス風の洋館のはず。

25年前に比べるかなり年季の入った建物になりました。

店内は入口左側にダイニング。基本的に4人掛けのテーブル席になっています。

レトロな階段。2階席もあります。

食器棚には綺麗な器が飾ってあったり、やや古びた感じの店内も良い雰囲気になっています。

給仕しているのは女性一人でしたが、フローリングの床を早足で歩くヒールの音が「カッカッカッ」と店内に響いていて、なぜか「アルプスの少女ハイジ」 に出てくる「ロッテンマイヤーさん」が頭に浮かんでしまいました(^o^)

入り口正面にはレジ、右側にはアンティークガラスの器とケーキのコーナー。

大正ロマン時代のビードロが展示されています。「アンティーク」ではこれらのレトロなコンポートにデザートを盛り付けて提供してくれるメニューもあります。

洋館の雰囲気も素敵ですが、「メイドカフェ」又は「執事カフェ」としてコスプレ店員を配置しているとおもっと面白いかも~なんて妄想してしまいました。今の足利なら刀剣キャラクター風かな^^

【アンティークのメニュー】

アンティークのメニューは洋食一般です。ハンバーグ、ステーキ、パスタ、ピザ、エビフライ、ドリア、グラタン、思いつくメニューはほとんどあり、さらに使っている食材も一ひねりあります。

1階の席に着席しメニューを開くとビックリ!どれだけメニューがあるの???

しかも、エゾ鹿肉やフォアグラ、黒トリュフ等、お高いフレンチのお店で出てきそうな珍味もありました。カクテルの種類も鬼のようにあります。1本25万円のワインもメニューにあります(゜o゜)

変わったメニューを注文しても「本日はご用意できません」ということにはならないようでしょうか?ここの厨房の冷蔵庫はいったいどうなっているのだろう?と見てみたくなります(笑)

気になったのは、メニューに「鎌倉」「成城」などというオシャレな街をイメージする名前がついているものがあるのですが、聞いてみたところ特に意味はないそうです(笑)

とまぁ、メニューを見ているだけで色々な想像をしてしまうお店です。

*メニューの写真は大量にあるので、2ページ目(料理)、3ページ目(デザート・ドリンク)に分けて記載しています。

【アンティークで食べたメニュー】

膨大なメニューを10分以上眺めつつ、結局無難なハンバーグとカルボナーラのパスタにしました。

Sセット(サラダ、日替りスープ、パン又はライス付でプラス400円)にしました。

セットのサラダと日替わりスープ

クルトン、ミモザが乗っていてセットの割には豪華なサラダです。器も野菜も冷えているのがうれしい。

ドレッシングはキューピーのフレンチみたいな感じの味です。

日替わりスープはわかめと玉ねぎが入ったシンプルなコンソメスープでした。これはおまけのようなものかな。

「力丸くんのカルボナーラ」 880円

「力丸くん」というのは、足利市内にある「三田鶏園」で販売しているコクのある良質な玉子です。

麵はやや細め。

カルボナーラのソースはチーズが少な目で生クリームと卵の味が強かったです。玉ねぎが入っていたのはあまり好みではないかも。

こちらは、5周年記念のメニューで1日5食限定とあった、「鎌倉フォアグラハンバーグ」。単品で1,680円。

限定というのとフォアグラに惹かれて注文してみました。

アツアツの器にこってりデミグラスソース、ハンバーグの上には大きなフォアグラが一切れ。

フォアグラは最高級本場ハンガリー産を使用と書いてありました。

フォアグラの表面はカリッと焼き上がり、中はトロトロ。ハンバーグも表面はカリッと焼き上がっています。つなぎが多く肉は柔らかいです。

デミグラスソースはハインツに似ている。ハンバーグの方は足利にはないけれど、「びっくりドンキー」に似ているかな。

ソースがこってり系なので、フォアグラのこってりと合わさると少しくどくなってしまいました。カルボナーラを食べた後なのでなおさら^^ 普通のハンバーグにすれば良かったかも。

でも、大きなフォアグラ入りにしてはお値段が安いです。どのメニューも全体的にお値段は安いですが。

フランスパンとコッペパンのようなパン。

カリカリタイプのフランスパンではなく、スーパーにあるような柔らかいパンでした。マーガリンではなくバターならばなお良かったかも。

お値段が安い分、こういうところは高級店ではなく普通の洋食屋さんかなという感じです。

デミグラスソースとフォアグラでお腹よりも先に脳が満腹になり、デザートまでたどり着けませんでした。でも、隣の部屋に行ってどんなケーキがあるのか見てきました。

色とりどりのショーケース

見た目も綺麗なケーキがたくさん。350円~380円とお値段もお手頃です。

フルーツ系が多いかな。

美味しそうだけどお腹いっぱい(T_T)

クレームブリュレも美味しそう。

月曜日はケーキ全品250円デイだそうです!火曜日が休みだから閉店前のセールですね。覚えておきましょう♪

【アンティーク お店の感想】

「アビーロード」時代、まだ建物が新しかった頃は周囲からだいぶ浮いて見えたのですが、今はツタのからまるレトロな雰囲気が本物の洋館らしい佇まいになっていました。店内の雰囲気も良いです。

メニューはとにかく多すぎて迷います!

好みの味を探し当てるまでに何度か通わないといけないかもしれません。

値段が安いのであまり贅沢は言えないのですが、豪華な食材を使っていてもどことなくチープさが漂うのがちょっと気になります。ランチならば十分ですが、夜は若い層をターゲットにしているのか。

今回はこってり系のメニューが重なりちょっと好みの味とは違ったのですが、今度はグラタンやソテー系のオーソドックスなメニューで試してみます。

食事の味 ★★★3.8

お店の雰囲気 ★★★★4.2

清潔感 ★★★★4.0

接客 ★★★3.9

コスパ ★★★★4.0

総合 ★★★3.98

*基準点(再訪あり)は4.0点/5.0点

 

⇒メニューは次のページへ


[スポンサーリンク]




(このページの訪問者は 2,371 人です, 本日の訪問者は4 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください