【足利】リストランテ バッカ・ヌォヴォ ランチ 1日3組限定の特別な空間 ★★★★

足利市田島町(ココファームに向かう通り沿い)にあるイタリア料理のお店「バッカヌォヴォ」が2016年4月にリニューアルオープンし、ランチを食べてきました♪

最終更新日 2018/3/22 訪問日 2017/11月下旬他 3回

【RISTORANTE Bacca Nuovo】の基本情報

りすとらんて ばっか ぬおぶぉ

住所:〒326-0061 栃木県足利市田島町1905−1
TEL:0284-43-8700
公式サイト

【営業時間・定休日】

営業時間:12:00~13:30L.O 18:00~
定休日:毎週月曜日、第2・第4火曜日

ランチ・ディナーともに完全予約制です。
12歳以下のお子様は入店できません。

口コミ評価:リニューアル後はまだ十分な評価がありません ―点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆足利でセレブな気分を味わえるレストランを探している
◆本格的なイタリアンをコース料理で味わいたい
◆個室のあるイタリアンを探している


[スポンサーリンク]







【バッカ・ヌォヴォ セレブなお店にリニューアル!ランチで訪問】

リストランテ・バッカ・ヌォヴォは、足利市の北部、ココワイナリーに行く通り沿いにあるおしゃれなイタリアンレストランです。

足利市内では本格的なイタリア料理を楽しめるお店ということで人気があったのですが、2016年4月に大幅にリニューアルし、セレブなイタリアンレストランに生まれ変わりました!

町の中にリニューアルオープンの看板が出ていたので、ココファーム&カフェに行く途中にお店を通ってみたところ、看板には「予約制」と書いてあり、ちょっと敷居が高いかなぁと訪問するまで時間がかかってしまいました。

その後もなかなかリニューアル後の口コミを眼にする機会がなく、やっぱり自分の目と舌で確かめて来なければ!ということでランチで訪問しました。

現在、お店は3つのテーブルしかなく、予約制になっています。また、ランチ、ディナーともにコース料理のみ(メインその他は数種類の中から選べます)、12歳以下のお子様はお断りになっていました。

外観は看板のロゴが変わったくらい、後は壁を白く塗り替えたかもしれませんが、外装はほとんど変わっていません。

入口にはメニューが出ていますが、席が限られているので、平日のランチはともかく、週末やディナーでフラッと来て入れることはまずないのではないかと。

今回は予約という形ではないのですが、直前に電話をしてすぐに訪問したところ、たまたま1席空いていたので通してもらえました。

【リニューアルされたバッカ・ヌォヴォのセレブ過ぎる店内にビックリ!】

食事のレポートに入る前に、今回リニューアル後に初めて入店したのはお店の雰囲気がガラッと変わり、ここは白金台?広尾ですか?と言いたくなるような、セレブな空間になっていました。

店内の写真が多くなりますが、しばしお付き合いください。

入口から一歩入ると、モノトーンのシックな店内。漂う空気が高級ホテルのようで、もっときちんとした服装をしてくれば良かったと思うほどでした。

通していただいたのは個室でした。入口から見て右側にあります。

正確には引き戸が半開きになった半個室という感じですが、他の2つのテーブルとは離れているのでプライベートな空間になっています。

個室の奥から。

家具も壁もシックなグレーで統一。夜はランプとキャンドルの明りが灯るのかな。

窓の外には山の景色が。

紅葉は終わりかけていましたが、山を眺めながらのイタリアン。なんて優雅な昼下がりなんでしょう。

スピーカーからはジャズが流れていました。

良いテーブルセットだなぁと思ったら、カリモクでした。

こちらは入口から入って左奥にあるメインのダイニング。壁には透かし彫り。

リニューアル前はこちらの席を利用しました。あと2つテーブルがありましたが、壁側にはソファが置かれ、ゆったりとしたスペースに。最大6名まで利用できるそうです。

デッキもあって山の景色も臨めます。

もう一つ、お客さんがいたので撮影していませんが、入口側にも4人掛けのテーブル席があります。店内では唯一景色が見えない(見えにくい)席です。

お客さんはマダム~~ッという感じのグループが来ていました。

メインダイニングの横にはワインセラーとオブジェ。グラスはバカラでした。

最後に入口前のレジ。といってもレジ台は見えず、ホテルのコンシェルジュのような佇まいです。壁の上部には先ほどと同じデザインの透かし彫りが。

良い意味で緊張感を持たせてくれる雰囲気。足利では他に思い浮かびません。

噂を聞いて東京からもお客さんが来るとのことで、このロケーションと雰囲気はそれだけの価値があると思いました。

でも、接客は気取ってないので、若い方でも大丈夫です。

【リニューアルしたバッカ・ヌォヴォのランチメニュー】

リニューアル後は、ランチは2種類のみ。

選べるパスタコース2,500円と、おまかせパスタに選べるメイン(肉又は魚)がついた3,500円のコースです。選べるメニューのうちの一部は追加料金が必要になる場合もあります。

Aコース 2,500円

  • 前菜盛り合わせ3種とサラダ盛り合わせ
  • パン
  • チョイスパスタ
  • ドルチェ
  • コーヒー(コーヒー、エスプレッソ、紅茶)

Aコースのチョイスパスタ

  • 魚介ラグーとキノコのピリ辛トマトソーススパゲッティーニ
  • 蝦夷鹿とポルチーニ茸のボローニャ風ミートソースリングイネ
  • 渡り蟹ほぐし身と青菜のクリームソース自家製フィットチーネ
  • パルマ産プロシュートとアスパラガスのアーリオ・オーリオスパゲッティ
  • 赤イカとフレッシュトマトのブッタネスカ風スパゲッティーニ
  • うにのカルボナーラスパゲッティーニ プラス500円

Bコース 3,500円

  • 前菜盛り合わせ3種とサラダ盛り合わせ
  • パン
  • おまかせパスタ
  • 本日のメイン料理
  • ドルチェ
  • コーヒー(コーヒー、エスプレッソ、紅茶)

Bコース 本日のメイン料理

  • 黒ムツの瞬間スモーク仕立て 香味野菜のビネグレットソース添え
  • ポークフィレのソテー黒トリュフソース添え
  • 栃木県産下野牛ヒレステーキグレイビーソース プラス2,000円

久しぶりの訪問だったので、3,500円のBコースにしました。

お水のグラスもコロンとしていてかわいい。

前菜盛り合わせ3種とサラダ盛り合わせ。お皿も素敵です。

千切りのレタスと玉葱のマリネサラダ

海老と山芋+カッテージチーズ。一口サイズですが、思わずワインが欲しくなる味。

鯛のスモークも一口サイズ。ハーブのディルの風味が効いていて美味しいです。

マグロのタルタルは味噌マヨネーズのような味付け。

前菜はどれも美味しいです!

続いてパン3種。バゲット、フォカッチャ。トーストして温かい状態で出てきます。

パンだけは自家製でなく、メーカーも聞きましたが伏せます。他が美味しいので悪い方に目立ってしまいます。自家製でなくても足利の名店から取り寄せてもらえれば・・・。このパンだけが本当に残念。

チョイスパスタは「赤イカとフレッシュトマトのブッタネスカ風スパゲッティーニ」にしました。

お皿が先ほどのパンと同じ。よく見ていると最後までお揃いのお皿。あのブランドです。

麺は普通の太さ、量はパスタ単品の半分くらいです。

ケーパー、黒オリーブが入っています。もしかしてトマトに味噌も入っているかな?という味付けでした。

3品目はお魚料理。「黒ムツの瞬間スモーク仕立て 香味野菜のビネグレットソース添え」

⇒高知県産天然こしょう鯛から変更になったので、調理法も少し変更されたかもしれません。

お皿の柄は変わりましたが、あのスカーフでおなじみのブランドです。

表面がこんがり焼けた黒ムツ

パプリカとピクルスの風味が効いたビネグレットソース。淡白な白身魚なので、ソースの方が味が際立って感じました。

以前は肉料理を食べることが多かったので今回はあえて魚料理にしてみました。肉料理のも気になります。

ドルチェ3種とコーヒー

ピンク色だけれど、ブラッドオレンジのシャーベットという説明でした。

紅茶のタルトに紅茶のムース、さらにその上に柿のコンポートが乗っています。

サックサクのタルトに紅茶の香りがとても良く、柿もこんな風にオシャレなデザートになるのだとビックリ。

ブルーチーズ入りのベイクドチーズケーキ。

青かびの濃厚なチーズの香りをそのまま閉じ込めたチーズケーキ。普通のケーキ屋さんではまず売っていませんね。こういうデザートを味わえるのが専門店のコース料理ならではという気ががします。

ケーキが濃厚な味だったので、濃いめのエスプレッソにしてもらいました。

シュガーボックスもカップ&ソーサーも同じデザイン。エルメスの「モザイク au 24」というシリーズです。

【バッカ・ヌォヴォ リニューアル後のお店の感想】

以前は迷ってしまうほどアラカルトメニューが充実していましたが、リニューアル後は基本的にはおまかせメニューのコース料理のみに変わりました。

以前のランチは安い料金設定でしたが、あれだけのメニュー、しかも高級食材を使った料理が多かったので、品質の維持が大変だったろうなと思ったことがあり、長く続けるにはこういうコンセプトの方が合っている気がします。

次のページには以前のアラカルトメニューを載せていますので、参考までに。

 

バッカ・ヌォヴォは以前からもオシャレな雰囲気でしたが、今回のリニューアルでは思い切りセレブ感を前面に押し出し、他にはないオンリーワンの店に変わりました。足利のレストランで非日常を味わえるお店って他に思いつきませんよね・・・。

もちろん、お味の方も大変美味しいです! (パンだけ変えてくれれば文句なし^^)

アラカルトでお気に入りだったメニューが選べないのはちょっと残念ですが(特にフォアグラのブルスケッタ)、パスタもメインも数種類から選べるので、どれかお気に入りのものは見つかるはず。

この贅沢な空間と美味しい料理を味わえてランチで3,500円はお値打ちだと思います♪

リニューアル後は予約制になって足が遠のいてしまった方は、是非一度行ってみてください。

食事の味 ★★★★4.3

お店の雰囲気 ★★★★4.7

清潔感 ★★★★4.7

接客 ★★★★4.5

コスパ ★★★★4.2

総合 ★★★★4.48

*基準点(再訪あり)は4.0点/5.0点

【RISTORANTE Bacca Nuovoへのアクセス】

◆車
北関東道「足利IC」から3キロ5分、「太田桐生IC」から15キロ18分、東北道「佐野藤岡IC」から25キロ22分。ココファーム&ワイナリーから南へ1.7キロ、5分。
ドラぷら
◆電車
JR「足利駅」から3.8キロ、タクシーで8分、東武伊勢崎線「足利市駅」から4.7キロ、タクシーで12分。各駅からあしバスアッシー・小俣線又は行道線線「赤松台公園」下車、西へ徒歩3分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図


⇒リニューアル前の「バッカ・ヌォヴォ」のディナーレポートは次のページへ

(このページの訪問者は 3,626 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください