【足利】 “マーケット112” 深夜営業あり 何でも美味しい! 欧風料理とワインのお店  ★★★★

足利市八幡町にあるヨーロッパ各国料理のお店「マーケット112」の食レポです。

【マーケット112】 基本情報

まーけっと いちいちに

住所:〒326-0824 栃木県足利市八幡町1丁目12−19
TEL:0284-22-6281
公式instagram

【営業時間・定休日】

営業時間:月 17:30~24:00 その他 17:30~翌2:00
定休日:火曜日

口コミ評価:Google 4.4点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆足利で深夜営業している美味しいお店を探している
◆足利で本当にうまいお店を探している
◆飲んだ後に少しつまみながら飲み足したい
◆一人でも入れるイタリアンを探している

最終更新日:2021/5/2
訪問日:2020/11月他6回


[スポンサーリンク]




【深夜2時まで営業の欧風料理 マーケット112】

 

「マーケット112」は、2006年にオープンした本格欧風料理のお店です。

ネット上で高評価だったのでずっと気になっていたのですが、洋食系を攻めようということでお邪魔しました♪

初回の訪問は2013年ですが、どれを食べても美味しいのでその後6回訪問しています。

 

場所は、東武足利市駅のから南に伸びる通りを「朝倉3丁目」の交差点で東に曲がってすぐのところにあります。(モスバーガーのある交差点)

お店の外観。

店名の看板が大きく出ているわけではないので夜は見落としそうですが、白い壁と緑の窓枠が特徴です。

 

このすぐ前に4台くらい、お店の裏にも駐車場があるようです。

平日で大雨の夜だったので、お客さんは3組ほど。

すべて群馬ナンバーでした^^

お店の入り口脇にあった看板。

ここに書かれているメニューはおつまみとドリンクですね。

店内には通常メニューの他にもその日の黒板メニューがたくさんあります。

 

午後8時頃までは食事メインのカップルやファミリー、午後9時を過ぎると、飲み会帰りの2軒目のハシゴというグループ、又は遅い一人での夕食というお客さんが多いように感じました。

ドアを開けると右側が厨房&カウンター席。

カウンターは一人で来ているお客さんもいます。

入口左側はテーブル席です。

混んでいないこともあって、店内は落ち着いた雰囲気でした。

団体さんがいる時には2階が貸切になっているようです。

ワインセラーにもたくさんワインが入っています。

11月中旬~ボジョレーヌーボーの入荷もあります。

 

【マーケット112のお通しメニュー】

初回~3回目の訪問の時のお通しです。テーブルチャージ300円。

生ハムの下には、バジルとポテトを和えたサラダが隠れています。

オリーブオイルの風味のせいか、とっても美味しかったので、これは期待できそう♪という予感(^_^)

4回目訪問の時のお通しはテリーヌとピクルス。

お通しはそのお店の腕前を計る意味もあるので、凝っていて美味しい料理が出てくるとやるな!と思わせます。

5回目お通しは生ハムメロンでした。豪華!

6回目はじゃがいものバター煮 ボリュームがあります!

【マーケット112のドリンク】

11月19日に訪問した時はボジョレヌーボーの解禁日でした。

 

料理は単品で注文しました。

【マーケット112の前菜&おつまみメニュー】

レギュラーメニューから「レタスサラダ パルメザン風味」

レタスは1個の半分使っているでしょうか?オリーブオイルと胡椒、パルメザンチーズだけのシンプルなサラダですが、これがうまい!

レギュラーメニューから「ニース風サラダ」

レタス、じゃがいも、いんげん、オリーブ、ゆでたまご、アンチョビにニンニクの効いたドレッシング。

おかずになりそうなサラダでお酒も進みます♪

看板メニューから「牡蠣のアヒージョ」

ワインが飲みたくなるので、車で来たことを後悔します^^

こちらは、初回訪問時に食べた「とうもろこしの冷たいポタージュ」

緑色のオイルは、アヴォカドオイル、中央の赤いのはトマトのシャーベットです。

これはマジうま(σ゚∀゚)σ

アヴォカドとトマトのコラボが絶品です。

スープも、とうもろこしと生クリームのバランスが絶妙。

家で真似したいわ~と思いました♪

で、あまりに気に入って、もう一度同じものを注文しました(^O^)/

初めからスプーンを二つ持ってきてくれるところも、サービス◎ですね(^^♪

*その後メニューで見かけなくなってしまい残念。

看板メニューから「オニオングラタンスープ」

ボリュームたっぷり!チーズもたっぷり!

あたりまえだけどファミレスの味とは違いすぎる~

続いては、「本日のキッシュ」

ジャガイモと玉ねぎ、ベーコンだったと思います。

ふわっと系ですが、チーズの分量も多いので、結構お腹に溜まります。

生地はしっとり、パイの部分はサクッと。なかなかやりますね~(^^♪

1品1品が多目なので、大人数で来ないとすぐにお腹いっぱいになりそうですね。

こちらは、「アンチョビのおつまみパイピザ」

大き目のキッシュに続いて、パイ生地だったので、しまった!と思いましたが、

プチトマトがたくさん乗っているので、見た目よりはさっぱり系で結構パクパクいけちゃいました。

 

【マーケット112のパスタ&お米料理のメニュー】

パスタは一皿で満腹になる量なので、一人で注文する場合にはパスタ+サラダでもうお腹いっぱいになると思います。2~3人でシェアするならば、ちょうど良い感じです。

看板メニューにあった「茂木農園 ミネラルトマトとアボカドのスパゲッティ」

ちょっと変わり種のパスタにしていました。

野菜たっぷり、トマトも甘味があって美味しいです。

1人で訪問した時に注文した、「ブロッコリーとアンチョビのオレキエッテ」

お肉をメインにしたので、パスタは野菜メインにしてみました。

「オレキエッテ」は耳たぶの形をしたパスタです。

白ワインベースのソースでアンチョビは控えめ、塩加減もちょうど良かったです。

「スパゲティ・ジェノベーゼ」

シンプルなジェノベーゼを想像していたら、ジャガイモにインゲン、ベーコンと具だくさんでした。

パルミジャーノもこってりたっぷり入っている感じです。

写真で見ただけでは何だかわかりにくいですがリゾットです。

「茂木農園 トマトとラクレットのチーズリゾット」

濃厚なリゾットが好きならば堪らない味!中央にあるのがラクレットのチーズです。

「ラクレット」は、表面に熱をあてて溶かしたところをパン等に塗って食べるハードタイプのチーズで、「アルプスの少女ハイジ」でもそんな場面が出てきますね。

まだありますよ♪

こちらは「ヤングコーンとベーコンのパエリア」

サフランライスの上にプチトマト、厚切りベーコン、ヤングコーンにいんげんと具がたっぷり乗っています。

ごはんは、若干芯が残っているかいないかの固さで、パラパラに炊きあがっています。

チャーハンのような脂っこさはないので、お腹がいっぱいでも結構食べられちゃいますね♪

炊きあがるまで20~30分かかりますので、早めに注文ですね。

【マーケット112のメイン料理】

「岩手産黒毛和牛フィレ肉のロッシーニ風(フォアグラポアレトリュフソース)」

お肉はトロトロ、濃厚なソースに良く合います。ほっぺたが落ちそう!

「牛頬肉の赤ワイン煮」

お肉がホロホロ、濃厚なソースと付け合せのポテトも絶妙なバランス!

シンプルなステーキとフライドポテト 「ステーキフリット」

パリのカフェで出てくる定番メニューです。お肉は柔らかくてジューシーでした!

味付けはシンプルに岩塩、レモン、マスタード。

ただただお肉を味わいたいときにおススメ。

金額もお手頃でガッツリお肉を食べたい時に。

「鶏モモ肉とじゃがいものオーブン焼き バルサミコ風味」

 

表面がパリパリに焼かれた鳥皮、中はジューシーなモモ肉、酸味と甘さが絶妙なバルサミコソース!

あぁ、ワインが飲みたくなる味(>_<)

これは美味しくてリピートしました。

「フランス産鴨肉のロースト」

他にもたくさん食べたのですが、カメラを忘れたので人のガラケーを借りてこの一枚だけ撮影。

脂の乗った鴨肉とソースが絶妙でした♪

マーケット112の肉料理はソースも絶品なので、最後まできれいに食べるためバゲットをおかわり。

いつも、メイン料理をがっつり食べてしまうので、デザートとコーヒーまでたどり着けず^^

 

後日、入店した時から気になっていたり立派な胡蝶蘭。

何かイベントでもあったのかなと思ったら、開店10周年記念なんだとか。

しかも、見覚えのある「天婦羅まつむら」の文字。

マスターとまつむらのご主人が同級生だそうです(*^_^*)

 

【マーケット211 お店の感想】

初回の訪問ではじめに出てきたスープでノックアウトされた感じでした。

お通しも、お酒のおつまみメニューでも、手抜きがなく味も本格的で塩加減もちょうど良いです。

黒板メニューは名前からしてどれも美味しそうなので、注文するのに迷いに迷いますが、1品食べると他のメニューも制覇してみたいと思わせる味です。

その後何度か訪問して色々なメニューを試しましたが、これだけバラエティに富んだメニューがあるのにハズレがないのは珍しいです!

食通の人を連れて来ても大満足で「いい店を教えてくれてありがとう」と言われました(^^♪

 

意外と一人メシできているお客さんも多く、奥様も会話に気遣ってくれたりと、一人でも入りやすいお店です。

おつまみ以外のメニューは、1品だけで1人分のご飯になるくらい量が多いので、4人くらいでいろんなものを注文してシェアするのがちょうど良い感じかもしれませんね。

 

団体さんがいる時には少し料理の提供に時間がかかるので、その時には予め教えてもらえます。

お酒を飲みながらならば気にならない程度ですが、食事だけさくっと食べて帰りたい時には、外から見て混雑していそうな日を避ければ大丈夫です。

 

食事の味 ★★★★4.6

お店の雰囲気 ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★★ 4.2

接客サービス ★★★★ 4.2

コスパ ★★★★ 4.2

総合点 ★★★ 4.28点

*基準点は4.0点


*情報は掲載時のものです。
変更されている場合がございますので、お出かけの際には事前にご確認ください。


【マーケット112のメニュー】

2020年11月のメニュー

着席すると黒板メニューを持ってきてくれます。

かなりたくさんありますね。

ちょっと、Au Petit Bouchonに似たスタイルな感じです。

(過去記事→Au Petit Bouchon(オー・プティ・ブション)

2017年の黒板メニュー

その時によって微妙にメニューが変わります。

こちらは通常メニュー(2020年11月当時)

前菜、肉料理、サラダ、お通し

パスタ、チーズ、デザート、主食

メニューを見ると、フレンチ、イタリアン、スパニッシュといろいろあって、ジャンルは「欧風料理」全般ですね。

メインは、フランス料理寄りという感じですが。

ワイン他お酒メニュー

アルコール類はビール、グラスワイン、ボトルワイン、カクテル、焼酎、日本酒まであります。

ソフトドリンク、コーヒーメニュー


【マーケット112へのアクセス】

◆車
北関東道「足利IC」から7.5キロ20分、「太田桐生IC」から7.5キロ13分、東北道「佐野藤岡IC」から17キロ、25分。
ドラぷら
◆電車
東武伊勢崎線「足利市駅」から1.5キロ徒歩15分、タクシー6分、JR「足利駅」から2.4キロ徒歩26分、タクシー8分、各駅からあしバスアッシー山辺線「朝倉三丁目公園」下車、徒歩4分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図


[スポンサーリンク]




【マーケット112周辺の関連記事】

八幡町 居酒屋 備長
朝倉町 ピッツェリア ラジュゥ
朝倉町 海鮮居酒屋 さ倉
八幡町 イタリアン プリマヴェラ
八幡町 香雲堂本店プロデュース プティフォンテーヌ
八幡町 日本三大縁切稲荷 門田稲荷神社
八幡町 キューバ料理&BAR エルムンド
朝倉町 洋食屋 クロックカフェ
朝倉町 ハワイアン・ダイニング・バー ルアーズ
東武足利市駅・アピタ周辺の記事一覧

【ジャンル別関連記事】

洋食の記事一覧
和食の記事一覧
カフェの記事一覧
イタリアンの記事一覧
フレンチの記事一覧
足利うまいもの会の記事一覧

深夜営業 22時以降営業しているお店
深夜営業 24時以降営業しているお店

【足利のグルメを検索する】

足利で食べる・飲む





足利市の美味しいお店・ランチ情報・おススメのおみやげ・観光スポット、地元民しか知らないマニアックな情報は「足利グルメのブログ」ashikagagourmet.comで検索!

(このページの訪問者は 11,569 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください