【足利】足利の老舗イタリアン クチーナ・カーサ ★★★★

最終更新日 2021/7/23 訪問日 2021/7  他20回以上

【クチーナ・カーサ】

住所:〒326-0053 栃木県足利市伊勢町4丁目4−20
TEL:0284-42-7422
公式サイト

【営業時間・定休日】

*時短営業中 20:00L.O.(2021/7現在)

営業時間:11:30~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
定休日:木曜日 その他不定休有

*ディナーのコースは予約推奨

口コミ評価:Google4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆足利で美味しい欧風料理のお店を探している
◆美味しいものを食べて感激したい
◆デートやお祝いに使えるお店を探している


[スポンサーリンク]




【足利の老舗レストラン「クチーナ・カーサ」】

「クチーナ・カーサ」は、足利の老舗ヨーロッパ料理のお店です。

一昔前までは、美味しいお店の選択肢は限られていたので、何かお祝い事があれば、「クチーナ・カーサ」で御馳走を食べるファミリーが多かったのではないでしょうか。

*今でも足利では最上級に美味しいお店の一つです。

毎年11月中旬に行われる、ココファーム&ワイナリーの収穫祭でも

ビーフシチュー、骨付きソーセージ等を出展しているのですが、お店にはしばらく訪問していなかったので、近くを通りがかった際にランチでお邪魔しようと出かけました。

お店は旧50号沿いのキッチンストアー本店がある交差点からアンダーをくぐって渡良瀬川方面に向かう途中にあります。

お店の外観

白壁にオレンジ色の屋根。

駐車場は斜向かいに5台分くらいあります。

 

自分の中ではフレンチがメインで他にもヨーロッパ各国の料理もあるという認識でしたが、考えてみれば、店名は「クチーナ・カーサ」とイタリア語でした^^

cucina=台所 、casa=家

【久しぶりに行ったらメニューが変わっていた】

2~3回ランチにチャレンジしたのですが、満席であえなく撃沈し、何だかんだで最後の訪問から5~6年経ってしまい、久しぶりの訪問です。

Barのある方の部屋

Barは以前と変わっていませんが、キリストの最後の晩餐の絵が飾ってあった場所にテレビがありました( ゚Д゚)

テーブルとイスも新しくなっていました。

週末のランチは女性の給仕がいましたが、平日の夜訪問した時はオーナーお一人でした。

着席するとボトルのお水が。カミュの瓶でしょうか。

【ディナーで食べたメニュー2021年】

最近のメニューは以前と比べてすっきりと簡略化され、夜もパスタのコースができていました。

今回はメインがラザニア又はグラタンのBコース2,700円を選択。

サラダ、前菜又はスープ、メイン、デザート、ドリンクのセットになっています。

最初に出てきたのはコンビネーションサラダ

以前に比べてバージョンアップしてません?自家製ドレッシングもたっぷりついてきます。

上から見るとレタスが見えないくらい大きな具材が!

裏側から

ヤングコーン、ブロッコリー、プチトマト、カリフラワー、湯むきしたトマト、リンゴ、パイナップル、きゅうり、とうもろこし、いんげん、赤肉のメロン、ルビーフルーツ、そしてレタスの13種類!

マヨネーズがベースのようなニンニクの効いたドレッシングを惜しげもなくかけます!

このサラダはどんぶりでも食べられそう♪

以前、週末のランチの時には13時頃に行ったら、サラダが終わってしまったので今日は終了と言われ、えぇぇーっと驚きました。そのくらい、最近はサラダが人気のようです。

続いて3種の前菜

コースでは前菜又は本日のスープ(この日はオニオン)から選べました。

鶏の手羽先

味付けは和風です。力を入れずに肉がほぐれるくらい柔らかく煮込んであります。

ラタトゥイユ

フランス風夏野菜のトマト煮です。上に載っているのはチーズ。

最後はトリッパ

牛の胃袋のトマト煮です(イタリア料理)。

臭みもなく柔らかくて美味しいです!

そして、メインは「ラザニア」

グツグツの状態で出てきました。サイズは小ぶりです。

帯状の平べったいパスタにミートソース、ホワイトソース、チーズを重ねて焼いてあります。

ミートソースの分量が多く、ホワイトソースはちょっと、カリカリのチーズで蓋をしてある感じ。小さいけれど満足感があります。

最後にデザートとドリンク

チーズケーキとアイスティー(アールグレイでした)にしました。

ベイクドチーズケーキですが、サワークリームの味が強くさっぱりとしていました。

本日のデザートは、他に、アップルパイ、クレームブリュレ、チョコレートケーキから選べました。

【クチーナ・カーサでテイクアウトしたメニュー】

人気のテイクアウトメニュー

瓶入りの自家製ドレッシング 600円

次回、瓶を持参すれば500円になります。

無添加なので3週間以内を目安にお召し上がりください。

手前が牛すじカレー 680円

奥がビーフシチュー 880円

ルーはビニールに入っていて、家に帰ってから大きなジャガイモを適当に切ってまぜて食べるというスタイルです。

すぐに食べない場合には冷凍保存した方がいいそうです。

【クチーナ・カーサの感想(2021)】

テレビもあって、前に比べるとお店の雰囲気が大分カジュアルになった感じです(奥の部屋は以前と変わらないはず)。

サラダは完全に看板メニューになっているようで、ボリュームアップしていたのには驚きました!

まだまだ気になるメニューがあるので、通いたいです。

【2021年7月現在のメニュー】

前菜・一品料理

パスタ

パスタ、肉料理

サラダ・パエリア・魚料理

ビーフメニュー

コースメニュー

フルコース

おススメセットメニュー

パエリアorバーニャカウダorチーズフォンデュ

 

【2015年以前に食べたメニュー】

店内はレトロな白壁とダークトーンの家具で統一されていて、ヨーロッパにあるレストランのような雰囲気です。

トイレの近くの壁には最後の晩餐の絵もあります(^_^)

カウンター席はちょっとしたBARコーナーになっています。

お酒の種類も豊富ですよ♪

→ドリンクメニューは一番下に掲載しています。

革製のメニューカバーにはアヒルの刻印と1975の文字。

1975年(昭和50年)創業のお店です。

このメニューカバーは私が初めて行った小学生の頃から変わっていません(^o^)

メニューはコース料理からアラカルトまで多数あるのですが、通い始めて数年で注文するメニューはほぼ固定されてしまい、

3種類くらいのメニューをローテーションしています。

今回は、シャトーブリアンのステーキに好みのアラカルトをセットメニューにしていただきました。

他におススメなのは、チーズフォンデュ、エスカルゴ・ブルゴーニュ風です。

席に着くと運ばれてくるワインボトルのお水とグラス

これも通い始めた当初のまま。

カトラリーにはお箸が追加されていました。

以前はお箸は置いてなかったです。

食前酒に頼んだポートワイン

かなり甘いワインなので、グビグビ飲めます。

美味しかったので、もう一杯!

アラカルトで注文した「エスカルゴ」

エスカルゴバターの香草の配分が絶妙です♪

こちらはコースについてきたオードブル

オクラ×生ハム、一口サイズのキッシュ

定番のオニオングラタンスープ

コースの時には、冷たいビシソワーズ(じゃがいも)又はかぼちゃのスープが良かったのですが、

本日のスープはコンソメだったため、オニオンスープを選択。

トロトロの玉ねぎと、とろーりチーズ、香ばしいバゲッド。

何よりダシが他とは一味違う!

ダシと言っていいのか^^

別の日のコースでは南瓜の冷たいスープでした。

やっぱりこちらも絶品♪

ミニサラダ

別の日の盛り付け

ミニサラダと言いつつ、アスパラガス、ミニコーン、ミニトマト、レタス、紫キャベツ、ブロッコリーにカリフラワーが入っていて具だくさんです!

ドレッシングはマヨネーズベースにほんのりガーリックと玉ねぎの味。

何とも言えない配合で、昔から全く変わらず絶品です!

以前はサラダにかけてあって出てきましたが、今日は大盤振る舞いなのか?大きな器に盛られて出てきました。

ディップで食べても美味しそう♪

この味は、桐生市の「バリエ」のドレッシングにも似ています。

フランスパン

トーストされてアツアツの状態で出てきます。

美味しかったので3回おかわり!!

 

バターは以前のままならば、「カルピスバター(無塩)」のはず。

以前、クチーナカーサのバターがとても美味しいので、どこのですか?と尋ねたところ、カルピスバターですと教えていただいたので、それから20年近くこのカルピスバターを愛用しています。

足利市内だと、山川町の「マルシェ」か、通り4丁目の「フレッセイ」に置いてあったと思います。

売切れの時には足利に帰省する際にデパ地下で買ってくるか、楽天で注文しています^^

あの「カルピス」を作る際に編み出された味なのだとか。

カルピスバターは有名シェフも愛用(カルピス公式サイト)

 

1箱1,800円くらいするのでかなり高価なバターなのですが、

シンプルに焼きたてのパンに塗って食べると一目瞭然(一口瞭然?)ですよ。

お試しあれ(^^♪

 

メニューに戻ります。

これをパンに塗ると美味しいよ~と差し入れが。

シラスのアンチョビガーリックかな?パンもお酒も止まらなくなりそうな味でした。

こちらは別の日に食べたカルボナーラ。

そして、ジャジャーン!

メインディッシュの特選和牛ヒレ肉 シャトーブリアンです。

口の中でとろけるほど柔らかいお肉です♪

付け合せのポテトグラタンがまた美味しいのです(*^^)

180gくらいあるでしょうか。肉厚で表面にはあらびきのコショウがまぶされています。

メニューにはソースが何種類か書いてありましたが、

全部持ってきてくれるようです(^o^)

熱いうちに香草バターを溶かしてレモンを絞り、

惜しげもなくおろしにんにくを添えて、醤油ベースのソースをかけていただきます。

お肉は口の中で解けてしまうくらい柔らかいです(^o^)

後からフォンドボーも来ました。

パンにつけて食べてみたらウマー(*^_^*)

記事を書きながら、思い出すだけでヨダレが出てしまいます(^^♪

このメニューを食べるのは10年ぶりくらいですが、相変わらずウマすぎです!

 

そして最後にデザート。

一番好きなのは、バニラの粒々がたっぷり入ったバニラアイスにプラムのワイン漬けを添えたデザートなのですが、残念ながら今回はなかったということで、新しいメニューに挑戦。

かぼちゃのプリン

表面にはシナモンパウダーがたっぷり。

中は濃厚なかぼちゃのプリン。

こちらはクレームブリュレ。

濃厚なカスタードに程よく焦げたカラメルソースが絶品でした。

巷のスイーツのお店よりも美味しいと思います(^^♪

別の日にはフランぼわーずムースだったかな。

また別の日はチョコレートケーキ

スイーツはおみやげ用に売っていたら、どれも持って帰りたいレベル。

エスプレッソ風のコーヒーに

紅茶まで美味しい♪

 

【クチーナカーサ ディナーの感想(2015年以前)】

久しぶりに訪問しましたが、ヨーロッパ料理では足利一だと再認識できました。

ファミレスやチェーン店では絶対に味わえない美味しさです。

料理のことは良く分からなくても、基礎が違う!と思わせる味です。

子どもの頃はとても高いレストランと言うイメージでしたが、大人になって訪問してみると、この味でこの値段はかなりコスパが良い!と思います。

いつものメニューは食べログ的には4.0点/5.0点です。

オーナーシェフがお一人で切り盛りしていますので、(口コミではもう一人サーブする人を雇ったとありましたが)時間に余裕がある時にご訪問をお勧めします。

 

公式サイトがありませんので、勝手ながら全メニューを掲載させていただきます。

撮影しながら、「こんなにたくさんのメニューがあったっけ???」と驚きましたが、

オーナー一人でこのメニューをこなすにはどれだけの下準備が必要かと考えると、感動ものです!(^^)!

以前はお子様用のハンバーグメニューもありましたが、今回はありませんでした。

予約しておけば多少の我がままを聞いてもらえるのではないかと思うので、コースメニューや大人数でお出かけの際には予約をしてご相談ください。

 

食事の味 ★★★★4.5

お店の雰囲気 ★★★★4.4

清潔感 ★★★ 3.8

接客 ★★★★4.0

コスパ ★★★★4.2

総合 ★★★★ 4.18

*基準点は4.0点/5.0点

 


*情報は掲載時のものです。
変更されている場合がございますので、お出かけの際には事前にご確認ください。

クチーナカーサ アクセス

◆車
北関東道「足利IC」より車で11分、「太田・桐生IC」より12分。
東北道「佐野藤岡IC」より30分。
ドラぷら
◆電車
JR足利駅から徒歩7分、タクシー3分。
東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分、タクシー9分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図


[スポンサーリンク]




⇒「クチーナ・カーサ」2015年以前のメニューは次のページへ

(このページの訪問者は 7,444 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください