【足利】”蕎遊庵” きょうゆうあん 織姫神社境内にある眺めのいいお蕎麦屋さん ★★★+

 

最終更新日  2019/4/5 訪問日 2018/1月・ 2012/11月 他3回

【蕎遊庵】基本情報

きょうゆうあん

住所:〒326-0817 栃木県足利市西宮町2549
TEL:0284-21-6818
公式サイト

【営業時間・定休日】

営業時間:11:00~14:00
定休日:火曜日
*14:30~ 手打そば教室(2時間 初回3,500円 2回目以降3,000円)

口コミ評価:google 4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆足利で一番人気のお蕎麦を食べてみたい
◆天ぷら不要、うどんも不要、お蕎麦だけを堪能したい
◆織姫神社参拝の帰りに


[スポンサーリンク]







【人気沸騰!織姫神社境内横 蕎麦 蕎遊庵】

本日は、織姫神社参拝の際におススメの美味しいお蕎麦屋さんの紹介です。

「蕎遊庵」(きょうゆうあん)は、織姫神社の境内に上がる最後の階段の横にあります。

織姫神社境内から見た足利市内の景色。蕎遊庵は階段を1つ目の階段を下りたすぐ左です。

織姫神社前の交差点からだと、境内まで229段(マイナス10段くらい?)上らないといけません^^

でもご安心ください。

車であれば、神社境内横の「織姫公園駐車場」まで上がって来られるので、徒歩1分です。

【足短体育館から織姫公園駐車場までのルート】

織姫公園駐車場へは、東武足利市駅~鑁阿寺~けやき小~一茶庵本店を通り過ぎ、消防署西交差点(左手に体育館がある)を左折、突き当りの一方通行のT字路を斜め右に入ると、「織姫公園」に向かう入口があります。

坂道に入ってからY字路になっているので、左の織姫神社方面に行くと突き当りに最寄りの駐車場があります。

参考→足利市内の駐車場

市外在住の方は、「足利短期大学付属高等学校」にナビを設定して行けば大丈夫かな?

試してないけど^^

「足利短期大学付属高等学校」
〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目2120
TEL:0284-21-7344

蕎遊庵入口

営業はお昼のみです。

お店は11時からですが、土日はお昼時にかなり混雑しますので、11時半頃までの入店がおススメです。

ココの猫ちゃんは良くベンチで昼寝をしています♪

撫でても逃げません。

たまに、膝の上に乗ってくることも(^^♪

2018年訪問時にはトラ猫3匹に増えていました。元からいたのかな・・・。親子だそうですが、織姫山に居ついた野良猫です。蕎遊庵の御主人がポケットマネーで不妊手術したそうです。大変だ・・・。

2匹はすぐに逃げてしまいましたが、いつもいる一匹は相変わらず人慣れしています。

人前でもリラックスしすぎ。

ベンチに座ったら乗ってきた^^

奥の角の席から入口までの店内の様子を撮影した写真。

以前はご主人が一人で蕎麦を打っていましたが、お弟子さんなのか二人がかりでした。

家族と訪問した時には小上がりの角の席に着席。

店内からは渡良瀬橋と浅間山、市内が一望できます。

後日訪問した時には奥の小上がり席へ。

冷たい蕎麦茶でひといき。

窓から見える景色。奥に見える小高い山は「ぺたんこ祭り」でおなじみの男浅間山です。

とても眺めが良いので、そういう意味でもおすすめのお蕎麦屋さんです♪

ほほ~「新そば」「鴨汁はじめました」の案内

*鴨汁は冬季限定メニューです

 

少し見切れて写っている写真の方は、「一茶庵本店」の創業者です。

蕎遊庵のご主人は、片倉氏の最後のお弟子さんと言われているそうです。

奥の小上がり席には蕎麦道具がずらりと並んでいます。蕎麦教室で使うものなのでしょうか。

アンティークなのか、蕎麦ちょこのコレクション。

蕎麦切り包丁。切れ味が凄そう。

【蕎遊庵のメニュー 】

おしながきと価格は2018年当時のものです。

メニューは蕎麦だけでうどんはありません。

あと意外というか、天ぷらもありません。

純粋に蕎麦の味を楽しんでもらうためのお店です。

季節限定&サイドぶたメニュー

◆冷たい蕎麦

  • おせいろ 600円
  • 田舎蕎麦 600円
  • 四季蕎麦 600円 *季節限定
  • 石臼手挽きそば 800円
  • 10割蕎麦 750円
  • さらしな生一本 750円
  • ゆず切り 750円 *季節限定
  • 縁結びそば 750円 *季節限定
  • 鴨汁そば 1,200円  *季節限定
  • その他季節限定メニューあり

◆温かい蕎麦

  • かけそば 650円
  • 花巻そば 850円
  • にしん蕎麦 1,200円
  • さらしな生一本 冷汁やまいも添え 850円
  • 鴨南そば 1,400円 *季節限定

*「さらしな」以外は+200円で大盛り可

◆サイドメニュー

  • ぶた大根 350円
  • 身欠きにしん 350円

2012年のサイドメニュー

「油揚げとみょうがの和え物」、「身カキにしん」等お酒のおつまみになりそうなメニューや、和スイーツもありましたが、2018年はスイーツはありませんでした。

【2012年に蕎遊庵で食べたメニュー】

おせいろ 600円

足利の名店にしては値段が安いですね~

麵は細めの更科で、上品な感じ。

一茶庵のお蕎麦とスタイルは似ています。

でも、蕎遊庵の方がそば粉、つゆともに独特の癖があるように思います。

ゆずきり 750円

スッキリとしたゆずの香り&上品な味わいのお蕎麦です。

鴨汁そば 1,200円 (冬季限定)

汁には、肉厚の鴨に大き目に切った長ネギが入っています。

鴨南蛮 1,400円(冬季限定)とサイドメニューの茄子のおひたし 350円

デザートのみつまめ

【2018年に蕎遊庵で食べたメニュー】

「さらしな生1本」 750円

ずっと気になっていた「生一本」というネーミング。

蕎麦の実の中心部の粉だけでつなぎを使わない贅沢な蕎麦。打ち方の難易度が高く、出せるお店は少ないのだとか。

フレッシュな生麺という感じで、蕎麦だと思って食べると不思議な感じがします。

色は限りなく近い半透明。普通のさらしなと比べると1/3くらいの細さではないかと思うほどの極細麺です。お刺身についているツマの大根くらいでしょうか。

こんにゃくでできた素麺のような見た目ですが、きちんと蕎麦のような弾力があります。

最初の一口はつゆを付けずに食べてみると蕎麦の風味がよくわかると思います。

白い半透明な麺にシソなのか、紫色の大根おろしがアクセントに。

「さらしな生1本」だけでは足りないかと思い、鴨南蛮 1,400円も注文。

記事を書きながら湯気の上がる写真を見たら、頭の中で味が再現されてお腹が空いてきました。

ワイルドな鴨肉とゆずのハーモニー、細めの蕎麦におつゆも絶妙で安定の美味しさです♪

【蕎遊庵の感想】

その昔(20年以上前)はそれほど美味しいという評判を聞いたことがなかったのですが、

最近(2000年以降)は、家族が良く通うようになりました。

お蕎麦のみでうどんはなく、メニューもそれほど多くはありませんが、お蕎麦のコシもしっかりしていて、おつゆも濃すぎず甘すぎず、ちょうど良い感じです♪

足利にはおいしいお蕎麦屋さんがたくさんありますが、ココも結構ランクは高いですよ!

御主人も物腰が柔らかく、気持ちのいい接客です。

最近は人気が出過ぎて、食べログの評価が3.6点/5.0点と恐ろしいことに・・・。

戸隠のうずら家に迫ってます・・・。

実は、その頃を境に混むことが多くなって私はあまり行かなくなってしまいましたが、そば祭りでは毎年食べてお土産も買っています。

そば祭りで販売している2人前1,000円のせいろ

 

ちなみに、織姫山の頂上に、もう一軒「伊とう」というお蕎麦屋さんがあります

こちらはカフェのような店内に蕎麦クレープ等もあって女性向きです。

 

織姫神社にお参りした際には、「蕎遊庵」おススメです!

食事の味 ★★★★ 4.2

お店の雰囲気 ★★★★ 4.5 (特に眺め)

清潔感 ★★★★ 4.3

接客 ★★★★ 4.5

コスパ ★★★★ 4.2

総合 ★★★★ 4.34

*基準点(再訪あり)は4.0点/5.0点


このお店の情報、訪問した感想がございましたら、コメント欄へお寄せください。


 

「蕎遊庵」では毎日14:30~蕎麦教室を行っており(火曜日定休)、年に1回は蕎麦フォーラムと蕎麦打ち技術大会なるイベントもあります。

⇒蕎遊庵のご主人とお弟子さん達が出展した、2014年足利そばまつりの様子もご覧ください。

 

「蕎遊庵」は、毎年、足利そば祭りに参加しています。

2017年第13回からは会場ではなく、店舗回遊型のイベントになりました。

初心者は全36参加店舗のうち5店舗以上で食べてスタンプを集める⇒応募⇒景品が当たる!そば通は河北チーム(23店舗)・河南チーム(15店舗)からそれぞれ5店舗以上で食べて応募⇒豪華景品が当たる!という仕組みになりました。 ⇒詳細はこちらへ

【2018年-2019年 足得パス 協賛店】

足得パスの表紙

「蕎遊庵」では「足得パス」を提示するとそば注文の方に飲食代10%offのサービスがあります。

⇒足得パスの詳細はこちら

⇒ブログ掲載「足得パス2018-2019」を利用できるお店のレポートを見る


*情報は掲載時のものです。
変更されている場合がございますので、お出かけの際には事前にご確認ください。


【蕎遊庵へのアクセス】

◆車
北関東道「足利IC」から12分、「太田桐生IC」から15分、東北道「佐野藤岡IC」から30分。
ドラぷら
◆電車
JR「足利駅」から徒歩20分、タクシー10分、東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩20分、タクシー10分。各駅からあしバスアッシー「通り5丁目」下車、織姫神社の階段を上がり徒歩15分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図


[スポンサーリンク]




【蕎遊庵 周辺の関連記事】

巴町 織姫山山頂 蕎麦カフェ 伊とう ランチ
通り5丁目 かふぇ・あんでぃーぶ
通り4丁目 足利土産の定番 香雲堂本店
通り4丁目 元祖芋ようかん 舟定屋本店
通り4丁目 路地裏の美味しいうなぎ屋さん 鳥伊支店
通4丁目 そば・うどん 立花本店
通り6丁目 九一そば 第一立花
通4丁目 中華料理 泰鵬本店
巴町 居酒屋 やきとり美川 巴町店
巴町 居酒屋 たびするおでん もっくもっく
雪輪町 居酒屋 庄家
通3丁目 古代瓦せんべい 香雲堂
通3丁目 イタリアン フォルトゥーナ
足利の蕎麦の名店の味を500円で食べ比べ♪ 足利そば祭り
まちなか・織姫神社周辺の記事一覧

【ジャンル別関連記事】

足利の美味しい蕎麦ランキング
ご当地グルメの記事一覧
ランチ営業のあるお店の記事一覧
行列のできるお店一覧
足利うまいもの会の記事一覧

【足利のグルメを検索する】

足利で食べる





(このページの訪問者は 4,198 人です, 本日の訪問者は6 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください