【足利】ステーキハウス さく渡 ★★★★

最終更新日 2021/5/2 訪問日  2o21/2 他20回以上

【ステーキハウス さく渡】基本情報

すてーきはうす さくと

住所:〒326-0005 栃木県足利市大月町1415
TEL:0284-43-3910
公式サイトなし

【営業時間・定休日】

営業時間:平日17:00~22:00
土日12:00~14:00 17:00~21:00L.O.
土日のランチは予約制
定休日:月曜日

口コミ評価:Google 4.3点/5.0点

【ステーキハウスさく渡はこんなお店】

◆目の前の鉄板でステーキを焼いてくれるお店
◆足利民は特別な日に出かけることが多い
◆とちぎ和牛、アワビ等の海鮮類、ガーリックライスがある
◆野菜はほとんどが自家栽培
◆土日のランチはかなりお得!


[スポンサーリンク]




【足利で御馳走が食べたくなったら・・・ステーキハウス さく渡】

 

「ステーキハウス さく渡」は、目の前の鉄板でシェフがステーキを焼いてくれるお店です。

2021/3月現在、足利でこのタイプのお店は「さく渡」だけです(^^♪

 

ディナーはお一人6,700円/人~、

ランチは土日限定で予約制ですが4,300円/人~の予算が必要で(以下、税サ別)、

特にディナーの場合、足利民の中では、会食やお誕生日など特別な日に出掛けるお店という認識です。

コースは2名からになります。

 

鉄板で焼くステーキのお店は、首都圏、神戸、米沢のお店、その他いろいろ食べてきましたが、「さく渡」のレベルはなかなかのものです!

 

「さく渡」へは小学校時代から通っていましたが、足利を離れてからは数年に一度となり、今回はランチ以降7年くらいぶりで、ディナーは10年以上ぶりくらいなのではないかと思います。

出かけるときは、ルンルン♪と自然とスキップしてしまうくらいテンションが上がります↑↑↑

「さく渡」の場所ですが、足利市内の中心部から西へ3キロほど、ショッピングモール「アシコタウン」の南側から細い道を入って、大月の山に向かう途中にあります。詳しくはナビ設定で^^

「アシコタウン」の裏山、大月町から大沼田町に抜ける通称「自衛隊道路」。

足利が一望できるので夜景スポットとして有名です。イノシシや熊も出るかもしれません。

「さく渡」の外観。夜はライトアップされています。

営業案内

 

駐車場はお店の前に10台くらい置けます。

たまに通りかかりますが、県外ナンバーの車もよくいます。

遠方の人でも知っている人は知っているお店ですね♪

エントランス

*Gotoトラベル地域クーポン券、栃木食事券は使えません。

店内に入ると待合室(デザート室)、

中ほどにレジとワインセラー

メニューで出されるアワビやエビの水槽(ピンぼけしました)。

【ディナーもランチも完全個室!目の前でシェフが調理】

席は完全個室。鉄板のある大中小の部屋があります。

4人部屋

以前の和風の壁紙からワインセラーの壁紙になっていました。

 

野菜や海鮮、お肉とメニューごとに調理がひと段落するたびに、

シェフは次のお部屋に移動していきます。

3人部屋

シェフは親子2人でやっています(息子さんはお婿さんなので義理の親子)。

今回の担当はオーナーさんでした。

すごく久しぶりでしたが、お変わりありませんでした。菜園のお手入れをされているからかお元気そうです。

あしかがフラワーパーク近くにあるさく渡の畑(川崎町)

【ステーキさく渡 ディナーで食べたメニュー】

今回はさく渡ディナーコースのBコースにしました。

「さく渡」で食べるのはいつもこのメニューです。

*ほかのディナー、ランチ、テイクアウトメニューは一番最後に掲載しています。

「季節のおすすめサラダ」 *単品の場合550円

トマト、ユーコン、ルッコラ、レタス、玉ねぎ、菜の花、中央のかぼちゃにはシナモンの味付けがしてあります。

トマトとレタス以外は自家栽培。ドレッシングも自家製です。

「さく渡」で出てくる野菜はほぼ、あしかがフラワーパーク近くにある菜園で自家栽培しています。結構気合が入っていますよ。

野菜焼はピーマン、しいたけ、玉ねぎ。自家栽培です。 *単品の場合800円

野菜は玉ねぎソースで。

玉ねぎも自家栽培です。

お醤油に隠し味でちょっとオリーブオイルを垂らしてあります。

この玉ねぎソースをつけて食べると、野菜の甘味が引き立ちます!

海老と帆立に自家製タルタルソース *単品の場合、各1,600円~

下にはレモンが敷いてあってさっぱり味に。

タルタルソースは家で真似したくなる味です。

とちぎ和牛 2人分 *追加はサーロイン100gで4,000円

よだれがジュルゥ~~~~

あらかじめ脂身は取り分けて別に焼きます。

開けては蒸し焼きを何度か繰り返します。

出来上がると冷めないように小さな鉄板の上に乗せて席の前に出されます。

お肉はたっぷり1人170g

口に入れると肉汁がはじけて昇天しそうです(#^.^#)

サーロインだと脂身もほどほどにあってジューシーです。

玉ねぎソースとチリソース

なくなったらおかわりできます。

続いて日光名水もやしを脂身と一緒に炒めます。

もやし&ガーリック

カリカリに焼いた脂身

これをつまみにもやしを食べると美味しいです。

ガーリックライスまで残しておくとおかずにもなります。

ガーリックライスが始まりました。

*白米のご飯も選択できます。

カリカリになるまで焼きます。

できあがり!

おこげが美味しい♪

おまけでお新香

オレンジの野菜は自家製「コリンキー」というかぼちゃです。

食事が終わったらデザートルームに移動します。

壁一面にワインのコルクが敷き詰められた部屋です。

デザートは、バニラアイス、抹茶アイス、ゆずシャーベットから選べます。

ゆずにしましたが、小さい抹茶をおまけでつけてくれました^^

帰りにドレッシングを買って帰りました。 1本880円。

これは家で食べると「さく渡」のサラダを思い出せます^^

 

【さく渡のYouTube動画 2021年】

 

【さく渡のメニュー】

メニューと価格は2021年2月当時のものです(税サ別)。

ディナーA・Bコース

ディナーC・シェフおまかせコース

ディナーヘルシーコース・シーフードコース

ランチメニュー

追加メニュー

その日のおすすめメニュー

ワイン一例

 

 

【以前に訪問した時に食べたメニュー】

少し古いですが、2013年に家族3人で出かけた時のメニューです。

今日の担当は、若旦那さんでした♪

オーナーのお嬢さんのお婿さんです。

お初にお目にかかりました^^

まずは赤ワインをボトルで注文。

「シャトー・ラグランジュ」 Chateau Lagrange 2007 (仏)

1本15,000円 (σ゚∀゚)σ

*以下、価格は2013年当時のものです

 

食事は、「Bコース 8,250円」 にしました。

  • 季節のお勧めサラダ
  • ミックス野菜焼き
  • 車海老のタルタルソースと帆立
  • 和牛ロース肉ステーキ
  • ライス又はガーリックライス
  • デザート(コーヒー又はアイスクリーム)

 

ちなみに、

  • Aコースは、車エビ・帆立のシーフードがなくて6,825円
  • Cコースは、フィレ肉になり、フォアグラのソテーがついて 10,500円
  • Dコースは、フィレ肉になり、フォアグラ+活アワビがついて12,600円です。

ご予算に合わせてどうぞ♪

*今から振り返ると安いですね・・・。

まず登場したのは、サラダです。

 

ここは、お店で出す野菜は全て自家栽培です!

畑は、足利フラワーパークの方(迫間町)にあるそうです。

ほとんどプロの農家のようなレベルで栽培しており、お店は若旦那さんがメインで、野菜の方はオーナーさん一家総出でお世話をしているようです。

そしてドレッシングも美味しいんです!

玉ねぎの甘味と、ビネガーの酸味が程よくて、市販のドレッシングには出せない味ですね♪

お店で買えるようになりました♪ 880円

もちろん、買って帰りましたよ~

お箸は割りばしではなく、こんな感じで紙がくるんであって、箸置きの箱に入ってました。

ランチョンマットは牛皮製なのかな。

これは以前のままです。

こちらは、野菜、ステーキ用のたまねぎソースです。

細かく刻んだたまねぎに、お醤油とオリーブオイルが入っているだけのシンプルなソースなのですが、これがたまらなくステーキに合うんですね♪

オリーブオイルが入っていることは今回初めて聞きましたが、家でステーキを食べる時にはいつも真似してます♪

ご飯を食べずに、たまねぎが主食、どんぶり2杯分みじん切りを作ります^^

こちらは、野菜焼き。

ピーマン、玉ねぎ、シイタケです。

塩コショウにワインをかけ、銅製の蓋をして蒸し焼きにして数分経てば出来上がり。

 

以前は必ずじゃがいもを頼んでいたのですが、コースメニューに入っていなかったので、とりあえずお腹の様子を伺いながら保留。

野菜にたまねぎソースをつけて食べます。

 

というか、たまねぎを食べながら野菜を食べるといった感じです。

なので、家で作る時にはどんぶり2杯分のたまねぎが必要になるのです^^

 

さすがに自家栽培。

野菜に甘味があって、鉄板で焼いただけとは思えない美味しさです♪

続いて、車海老と帆立を焼き始めます。

自家製のタルタルソースとレモンを絞って頂きます♪

 

ここのタルタルソースがまた美味しいんです♪

子供の頃は、タルタルソースだけビンに詰めて持って帰りたい~

と思ったほどでした(*^_^*)

 

今回は、若干酸味が薄くなったように感じましたが、

焼き加減も上々で、満足しました♪

 

続いてメインのお肉です。

お肉は栃木産の和牛を使用しています。その時の仕入れによって那須だったり、日光だったり、色々あるそうです。

人数分のグラム数に合わせて、5センチはあるかと思われる分厚い一枚肉が用意され、鉄板で焼きながら切り分けて行きます。

最後に、脂身をかりっと仕上げてくれて、もやしと一緒に提供されます。

 

生肉の状態で写真を撮るのを忘れてしまいましたk(>_<)

じゃじゃーん!和牛のサイコロステーキです♪

お肉は超ジューシーです♪

 

写真を撮り忘れましたが、たまねぎソースの他にチリソース、

あともう一つ大根ソースもあったと思います。

たまねぎしか眼中になくて撮影し忘れました。

 

でも、お肉はやっぱり昔と変わらず、美味しいですね~

ワインも1本空けてしまいました!

お肉が到着するのと前後して、ガーリックライスの準備に入ります。

天高く盛られたモヤし。

お肉が焼き上がると、残りの脂身と一緒にモヤシを炒めてくれています♪

 

ただのモヤシなんですが、お肉とたまねぎソースと交互に食べると、

まぁ、なんて美味しいんでしょう~。

これだけでご飯何杯も行けそうですよ♪

 

そして、〆のガーリックライスです♪

表面がカリカリしていて、中はもっちり、

お米の甘味とガーリック醤油の風味が、何ともたまりませんね~。

 

お米も自家栽培らしいですよ。

ガーリックライスはテイクアウトできるということで、2人前お願いしました♪

こちらも、焼き始めるところからの動画がありますのでご覧ください♪

そして、最後はやっぱり名残惜しくなり、

じゃがいもとアスパラガス焼きを追加注文しました♪

野菜とたまねぎソースが本当に良く合います♪

さく渡102

おかわりが多いので、テーブルの隅に置いたままのたまねぎ。

食後にふと気になって見上げた換気扇。

 

ここのお店は、建ててからもう20年近く経っていると思うのですが、

鉄板焼きのお店なのに、脂ぎった感じが全然ありません。

 

鉄板の上の換気扇もこの通り、鏡のようにピカピカです!

 

途中でオーナーさんがやってきて、しばらくおしゃべりしましたが、

料理人としての哲学がしっかりしているというか、

まさに職人という感じでした(#^.^#)

 

もともと、六本木のHAMA(食べログ)で修行されているので、

一流のお店の感覚が染みついているのでしょうね。

オーナーさんが独立前に修行していたお店

現在は、六本木本店の他に、銀座、目黒、札幌&郡山店もオープンしました(2021年3月現在)。

郡山店は、ホテルハマツの9階にあって眺めが良いのでランチが良いかもしれません。⇒郡山店の地図

 

学生時代に、乃木坂にあった「HAMA」の看板を見て、

「さく渡」のオーナーさんが修業していたお店だ!と気づいたのですが、

友人と、「どうしよ、高いよね。緊張しそう。」と言って結局入れませんでした^^

 

たまには良いお店で贅沢すると、勉強になる事もありますけどね。

 

そして、オーナーさんからは、

ワインをもう1杯ずつおまけでいただきました♪

 

少々酔っぱらっていたので銘柄をメモするのを忘れてしまいましたが、

母が言うには、15,000円のよりも美味しかった~そうです^^

 

食事が終わったら、コーヒー&デザートの専用室へ移動。

壁はワインのコルクを使ったインテリアになっているのですが、

良く見ると、ココファーム&ワイナリーのコルクもあるので、

お店で貯めておいたコルクなのかもしれません。

壁一面、凄い量ですよ~

 

またしてもデザートの写真を撮り忘れ。

コーヒーとバニラアイスでした。

 

今回は、ワインを飲むぞ~と気合を入れて出かけたので、

帰りは代行で帰りました♪

 

【ステーハウス さく渡 昔話&お店の感想】

 

「ステーキハウスさく渡」は、

古くは、相生町の浅岡産婦人科の前、

その次は旧50号沿いの助戸1丁目(今は休業中?のラーメン店)にあり、

その後、今の場所にオープンしました。

 

昔はオーナーさんと、お兄さんが焼き担当(もともと料理人ではない)で、

オーナーのお姉さんが給仕担当でした。

 

その時は自分がお子様だったのか、

それともオーナーさんの職人独特の気迫のせいなのか、

かなり緊張するお店でした^^

 

料理人vs海原雄山の戦いのような、

お客さんの側も真剣勝で鉄板の前に座って欲しい的な。

大げさでなく、いつもそんな空気が漂っていました。

 

今回はしばらくぶりの訪問でしたが、

若旦那さんのキャラクターもあってか、

お店の雰囲気も少し家庭的な感じになったような気がします。

 

敷居は高くないので、若い方でも気兼ねなく入れるお店ですよ。

お金だけ握りしめて来てください^^

 

夜は少々お値段が張りますが(それでも東京に比べると3割安くらい)、

土日のみやっているランチはとーってもお得です。

 

こんな良いお店が足利にあったなんて知らなかった~という方、

是非一度行ってみてくださいね♪

 

足利学校から車で10分弱、フラワーパークから15分、

ココファーム&ワイナリーから20分の距離なので、

ステーキが食べたくなったら「さく渡」を思い出してください^^

 

お肉のランクが良くて美味しいお店は多々ありますが、

神戸の有名店よりも、都内の人気店よりも、

トータルでは「さく渡」の方が私は好きです。

それくらい美味しいお店ですよ(*^_^*)

 

食事の味 ★★★★ 4.5

お店の雰囲気 ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★★ 4.2

接客 ★★★★ 4.2

コスパ ★★★ 3.8

総合 ★★★★ 4.18

*基準点(再訪あり)は4.0点/5.0点


このお店の情報、訪問した感想がございましたら、コメント欄へお寄せください。


 


【さく渡へのアクセス】

◆車
北関東道「足利IC」から4.3キロ8分、「太田桐生IC」から17キロ18分、東北道「佐野藤岡IC」から25キロ、25分。
ドラぷら
◆電車
JR「足利駅」から3キロ、タクシー9分、東武伊勢崎線「足利市駅」から4.5キロ、タクシー9分。各駅からあしバスアッシー中央環状線・富田線「アシコタウン」下車、徒歩10分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図


[スポンサーリンク]




【さく渡 周辺の関連記事】

山川町 台湾料理 四季紅 足利店
山川町 くるまやラーメン 足利店
山川町 FUKUREクレープ(炙りや福朗内)
山川町 24時間営業のスーパー 食彩館マルシェ
相生町 石挽蕎麦 いちい
田所町 足利名物ポテト入り焼きそば とみやの屋台
若草町 お好み焼き&もんじゃ焼き 焼き処 ほの字
山川町 ラーメンまるしま
助戸・山川・あしこタウン周辺の関連記事
あしかがフラワーパーク周辺の関連記事
足利インター周辺の関連記事

【ジャンル別関連記事】

ステーキの記事一覧
4つ星以上のお店の記事一覧
接待・お祝い特別な日に 高級店の記事一覧
テイクアウトOKの店一覧
ランチ営業のあるお店の記事一覧
ココワインを飲めるお店
足利うまいもの会の記事一覧









(このページの訪問者は 28,057 人です, 本日の訪問者は3 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください