さらしな10割そばの技公開 足利の「蕎遊庵」店主

織姫神社境内階段横のお店、「蕎遊庵」の店主が「さらしな生一本」の打ち方技術を披露するフォーラムのお知らせです。

【さらしな10割そばの技公開 足利の「蕎遊庵」店主】

そばの作り手と味わう人が交流する「第5回足利で蕎麦を語るフォーラム」(同実行委主催)が2月17日、朝倉町の市民プラザで開かれる。西宮町の「蕎遊庵」店主の根本忠明さん(58)が、そば打ちで特に難しいとされる、さらしな粉だけを使ったそば「さらしな生一本」の打ち方技術を披露する。店以外での公開は初めてで、根本さんは「そばの奥深さを知ってほしい」と話している。

つなぎを全く使わない、さらしな10割そばは、ソバの芯の白い部分だけを使う。のりになる部分が少なく、切れやすく、経験と高い技が求められ「そば打ちの完成形」とされている。

根本さんは2年間掛けて、この「生粉打ち」の技を習得した。この技は技術書になく、試行錯誤の末、そばの味を決める水回しで「お湯6」「水4」の最良の配分に行き着いたという。

フォーラムは午前10時~正午、午後1時から「さらしなそば打ち技術選手権」を予定。参加費は2千円で、定員は300人。申し込み、問い合わせは蕎遊庵電話0284・21・6818

~2013/1/25 下野新聞より

 

蕎遊庵のグルメ過去記事はこちらです。

NHK趣味悠々::名人・高橋邦弘 こだわりのそば打ち入門 Vol.2 [ 高橋邦弘 ]

そば打ちセット(実演DVD付)【送料無料】【父の日】【そば打ち道具】【そば打ち】【そば道具】【蕎麦】【年越しそば】

【そばの関連記事】

西宮町 織姫神社境内横 蕎麦 蕎遊庵
巴町 織姫山頂上にある蕎麦&カフェ 伊とう ランチ
2014年 足利そばまつり 名店のお蕎麦を食べ比べ
2013年 足利そばまつり お知らせ

【織姫神社周辺の関連記事】

足利市 織姫神社
織姫公園からの足利市内の様子 & 初日の出
本町レストラン 大吉 [とんかつ]
鳥つね [うなぎ・和食]
和菓子 「草雲羊羹本舗」のだんごと栗むし羊かん
足利の蕎麦の老舗 九一そば 第一立花
裏通りにある老舗のうなぎ屋さん 鳥伊支店
足利みやげ 舟定屋の芋ようかん
かふぇ あんでぃーぶ
足利みやげの定番 古印最中 香雲堂本店
足利うまいもの会の記事一覧
まちなか・織姫神社周辺





(このページの訪問者は 551 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です