シャングリラ・モティ  [インドカレー/太田] ★★★+

シャングリラモティ19

最終更新日  2016/4/16 訪問日 2015/1月他10回以上

【インド料理専門店 シャングリラ・モティ】 基本情報

いんどりょうりせんもんてん しゃんぐりら もてぃ

住所:〒373-0817 群馬県太田市飯塚町1581
TEL:0276-46-0518
公式サイト

【営業時間・定休日】

営業時間:平日 11:00~15:00(L.O14:30) 17:00~22:00(L.O21:20)
土・日・祝 11:00~22:00(L.O21:20)
定休日:無休

口コミ評価:食べログ3.54点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆太田周辺でインドカレーのお店を探している
◆本格派のインドカレーが好き&インド人シェフにこだわる


[スポンサーリンク]







【太田の一番人気のカレー屋さん シャングリラ・モティ】

 

「シャングリラ・モティ」は、群馬県太田市にあるインド料理専門店です。

平成元年(1989年)に開店し、今では群馬県の老舗カレー店といっていい存在です。

宇都宮市にも支店がります。

 

地元民は略して「モティ」と呼んでいることが多いですね。

 

「モティ」は、北インド・南インド料理を提供するお店ですが、

北関東で南インド料理を提供しているのは「モティ」だけなのだとか。

 

北インドと南インドの味の違いを知っている日本人は希だと思いますが、

そもそもインド人シェフのいるインド料理専門店というのも希少価値が高いですね。

カースト制度のあるインドでは、料理人は上位カーストなので、

海外に出て行ってお店を開く必要が少ないのだとか。

巷のインド料理店のほとんどは、

ネパール、スリランカ、バングラディッシュ、パキスタン人のシェフだったりします。

 

「モティ」の場合、インド人シェフがいるということに加え、

メニューごとにソースから調理しているというのも希少価値が高いです。

普通の店は、予めカレーソースを何種類か作っておき、

注文が出たらその都度、具材と合わせるだけ、

という調理をしていることがほとんどだそうです。

 

さて、「モティ」の場所は、太田駅南口から南へまっすぐ、

「飯塚町東」の交差点を通り過ぎてすぐのところにあります。

シャングリラモティ3

「シャングリラ・モティ」の外観。

シャングリラモティ5

黄色いたまねぎ型の屋根とインド風絵画が目印です。

シャングリラモティ1

1キロ足らずの「小舞木町西交差点」角には「ダージリン」というインド料理店もあり、

こちらも有名です(創業は平成11年、1999年)。

 

「モティ」も「ダージリン」も、創業が太田で、その後支店展開して行ったお店なんですね。

 

「ダージリン」の前にあったお店だったと思いますが、

トムヤムクン等のタイ料理も提供していたインド料理のお店で、

以前は「モティ」よりもそちらに行くことが多かったです。

名前を失念してしまい、覚えている方がいらっしゃったらご一報ください^^

 

「モティ」の話に戻ります。

シャングリラモティ8シャングリラモティ6

モティの店内。

一歩中に入ると、コテコテのインド風インテリアです。

シャングリラモティ11

ナンを焼く窯も客席からよく見えます。

シャングリラモティ9

レジ回りにもインド小物がたくさん。

シャングリラモティ10

「ガネーシャ」と呼ばれる象の顏をした神様にはお賽銭なのか、

インドの紙幣がたくさん貼り付けられています。

「開運、金運、学問」の神様ということで、日本で言えば弁天様みたいな存在なのかな。

 

さて、今回は閉店間際の時間帯でしたので、

道中で電話をし、テイクアウトならOKですよということで訪問しました。

シャングリラモティ15

持ち帰ってきたメニューはこちら。

シャングリラモティ18

パパド (豆の入ったタコス生地のような固くて薄い煎餅)

シャングリラモティ16

タンドリーチキン3p入り

シャングリラモティ23

バターチキンだったか、チキン系のカレーです。

シャングリラモティ19

「ラムマサラ」 濃厚なソースとマトンの相性がぴったり。

シャングリラモティ21

プレーンナーン

モチモチ。

シャングリラモティ22

ガーリックナーン

ニンニクたっぷり。マトンのような濃厚なソースと合います。

シャングリラモティ17

カブリナーン

ココナツやアーモンドの入った甘くて香ばしいナン。

 

カレールーが2つある時には、ナンは3枚くらいないと足りないですね^^

しめてお会計5,000円前後でした。

一人分にしては結構買ったなぁ。ちょっと高いかな。

 

値段が若干高いのも、先ほど書いた調理法とも関係しそうです。

シャングリラモティ7

注文してから、「北関東でモティだけ!」という「ドーサ」の案内を発見。

見渡すと、周りのテーブルでは食べていた人が多く、

しまったぁ、また次回に。

 

⇒「モティ」の一部の商品は、通販でも購入できます(公式サイト)

 

 

【モティ お店の感想】

 

私のインドカレーの原点は、前橋の「ニューデリー」なのですが、

当時は北関東道もなく、ついでの用事がないとなかなか行けないので、

近くにある「モティ」か「ダージリン」の前のお店に行くことが多かったです。

 

今回は15年ぶりくらいの訪問になりましたが、

インド人シェフがいる本格的なお店ということで、

スパイスの効いたカレーソースが特徴かなと思いました。

 

足利ではネパール系のお店が多いようですが、

それらに比べるとやっぱりパンチが強く、特徴があるなあという感じです。

 

マトン系はとても良かったです。

ただ、チキン系はもうちょっと濃厚なソースだったらよかったかな。

原点の「ニューデリー」「マハトマ」とチキンティッカマサラの味を求めているので、

それと比べてしまうと少し物足りなさを感じました。

 

いつも同じメニューを注文することが多かったので、

これからおいおい別のメニューも試して行きたいと思います。

 

食べログ的には3.4点/5.0点

 


[PR]足利・佐野のレストラン クーポン・予約 ホットペッパーグルメ[PR]


*情報は掲載時のものです。
変更されている場合がございますので、お出かけの際には事前にご確認ください。

【モティへのアクセス】

◆車
北関東道「太田桐生IC」から7キロ15分、東北道「佐野藤岡IC」・「館林IC」から20キロ、30分。足利市内中心部から10キロ、20分。
ドラぷら
◆電車
東武伊勢崎線・桐生線「太田駅」から1.3キロ徒歩、15分、タクシー5分。
Yahoo!路線情報あしバスアッシー時刻表

地図

【ジャンル別関連記事】

エスニック料理の記事一覧
テイクアウトOKのお店の記事一覧
ランチ営業のあるお店の記事一覧
太田市内の記事一覧


[スポンサーリンク]








このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 366 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です