足利グッズ2


足利出身者による足利の歴史本、足利出身の芸術家の作品を中心に取り上げています。

→足利をテーマにした本、足利の企業の製品は足利グッズ1で、

足利出身者の小説、エッセイ、学術本等は 足利出身者の著作本で、

一般人でも耳にしたことある足利出身の有名人はこちらをご覧ください。


 葛飾北斎「諸国名橋奇覧 足利行動山 くものかけはし 栃木」

葛飾北斎の版画 『諸国名橋奇覧 足利行動山 くものかけはし 栃木』です。

「描かれているのは足利市・行道山浄因寺で、関東の高野山と呼ばれた修験の寺院。左の茶室とは橋で結ばれており、霧が立ちこめると本図のような景観をみせる。現在も県指定の景勝地でもある。」

行道山て、こんなだったっけ?という感じですが、北斎のデフォルメですね^^

まさか、足利を題材にした版画が存在するとは知りませんでした。

 江戸木彫刻師 北澤一京さん

北澤一京さん作の龍のタペストリーです。

これまた、経歴が凄い方です。

「江戸木彫刻師「一京」プロフィール・・・栃木県足利市出身  宮内庁献上品、富岡八幡宮の日本一といわれる神輿、成田山新勝寺総門木獅子頭、故石原裕次郎氏の仏壇彫刻などを手掛けるかたわら水墨画においても国画水墨画院副理事長を務め文部科学大臣賞、モナコ日本芸術祭ジョルジュ・オーリック賞など数々の賞を受賞。」

神社の門や社殿によくある龍の彫刻の実演動画がありました。

葛飾区伝統工芸産業職人会のサイト http://www.syokuninkai.com/products/list.php?category_id=54

原田平治郎 画集

《足利市立美術館》江尻潔/渡邉進他編原田平治郎 【中古】afb

原田平治郎:1911-2004 足利市生まれの洋画家。同じく、髙木勇次さん(1911-1999)も足利出身の画家で、二人は幼馴染だそうです。

2011年に生誕100周年を記念して、足利市立美術館で二人の作品の展示会が行われました。

画家たちの二十歳の原点/ 江尻潔(足利市立美術館学芸員) (監修) 他

明治から平成ま画家54人の二十歳当時の作品と言葉でたどるそれぞれの「青春」、それぞれの「孤独」、それぞれの「真剣」。 野見山暁治、窪島誠一郎、横尾忠則、森村泰昌、大竹伸明、O JUN、会田誠、山口晃書下ろしエッセイ収録。

◇掲載作家: 黒田清輝  熊谷守一  青木繁  坂本繁二郎 萬鐡五郎  中村彜  安井曾太郎  梅原龍三郎 島野十郎  岸田劉生  恩地孝四郎  藤森静雄 田中恭吉  牧島如鳩  木村荘八  中川一政 河野通勢  林倭衛  村山槐多  佐伯祐三 関根正二  柳瀬正夢  尾形亀之助  猪熊弦一郎 三岸好太郎  海老原喜之助  長谷川二郎 吉原治良  三岸節子  靉光  筧忠治 桜井浜江  佐藤哲三  藤牧義夫  松本竣介 オノサト・トシノブ  桂ゆき  加藤太郎  野見山暁治 鴨居玲  草間彌生  靉嘔 池田満寿夫 横尾忠則  神田日勝  難波田史男  高畑正 森村泰昌  大竹伸明  O JUN 野村昭嘉 会田誠  山口晃  石田徹也。足利市立美術館を含む、各地の美術館を巡回予定の展覧会のカタログです。

版画家 牧田草平さん

同じく、彫刻作家さんで、まだ30代前半とお若い牧田草平さんという方がいらっしゃいます。

「足利市生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科 卒業、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了。樟(くすのき)を素材とした木彫を制作。2005年より東京、韓国にてグループ展に参加。5/1(土)より当ギャラリーにて個展。6月には東京・銀座のexhibit Live & Moris Galleryにて個展が決定している。最近では特に童子をモチーフとした作品を多く制作している。」

「足利に帰り、制作に没頭」という、2010年の下野新聞の記事がありました。

 

牧田草平さんの作品を取り扱っている足利の「ギャラリー碧」(巴町)

http://g-heki.com/home/artists/

牧田草平さんのブログ

http://ameblo.jp/makitasohei/

 

木版画家 丸山浩司さん

こちらは、足利出身の木版画家「丸山浩司」さんの作品です。

これが木版画なの?と思うような宇宙的な感じの作風です。

 

Hiroshi MARUYAMA

略歴

1953 栃木県足利市生まれ

1979 東京芸術大学大学院美術研究科修了

1995 愛知県立芸術大学助教授

1999 大学派遣によりニューヨーク留学

2004 多摩美術大学美術学部教授

◆コレクション

東京芸術大学付属芸術資料館/いわき市美術館/大英博物館版画室/町田市立国際版画美術館

ホノルルアカデミーオブアート美術館/鹿沼市立川上上澄生美術館/バングラディシュ国立美術館

多摩美術大学付属美術館/東京国立近代美術館/黒部市立美術館/伊野町立紙の博物館

写真家 黒田勝雄さん

【送料無料】浦安 [ 黒田勝雄 ]

【送料無料】浦安 [ 黒田勝雄 ] 価格:2,940円(税込、送料込)

足利出身の写真家、黒田勝雄さんの写真集です。

1938年1月栃木県足利市生まれ。1961年3月慶應義塾大学経済学部卒業。黒川俊雄ゼミ所属、学生セツルメント活動に参加。1961年4月第二精工舎に入社、1998年1月セイコーインスツルメンツ定年退職。1975年6月現代写真研究所に入学(2期生)、研究員卒。日本リアリズム写真集団(JRP)会員、2001年6月から2009年6月までJRP事務局長。現代写真研究所講師。市川写真家協会(IPPS)会員。

 

相田みつを美術館館長 相田一人さん

【送料無料】父相田みつを [ 相田一人 ]

【送料無料】父相田みつを [ 相田一人 ] 価格:460円(税込、送料込)

父ほど、純粋に我侭な人間には出逢ったことがない。貧乏暮らしながら、紙や筆や墨は常に最高のものを使い、借家生活の中で立派なアトリエを構え、書家としてのこだわりを徹底して貫き通した相田みつを。幼い頃から父の深い愛を受け、作品の誕生を傍らで見てきた一人息子の一人氏が父の思い出を追懐する。みつをの師・武井老師との運命的な出逢い、大ベストセラーとなった処女作品集『にんげんだもの』、そして突然の死ー。書家として、人として、あまりにも大きな存在だった相田みつをの鮮烈な生き様を描く感動作。

相田一人(アイダカズヒト)

昭和30年栃木県足利市生まれ。相田みつをの長男。出版社勤務を経て平成8年東京銀座に相田みつを美術館を開設。平成15年東京国際フォーラムに移転(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

わたらせ・アット・渡良瀬  板橋文夫

こちらも足利出身の有名人です。ジャズピアニストの板橋文夫さん。渡辺貞夫に誘われてジャズ界に入ったのだそうです。

故郷に響く名曲「わたらせ」

栃木県足利市、渡良瀬河川敷で行われた野外ライブを中心に収録したライヴ・ドキュメント。同時発売のDVDには未収録の楽曲もフル・サイズで収録。「わたらせ」のほか、童謡「うみ」やインプロヴィゼーションなど新曲も収録! 自然のSEとともに気持ちのいい空間をそのまま詰め込んだ傑作が完成。 若杉実監修・渋谷ジャズ維新シリーズ

http://bowz.net/itabashi/公式サイト

 

演歌歌手の須永季弥子さん

ん?演歌?「あじさいの花」という曲のカップリングに「足利観光音頭」が入っています(^o^)

足利では結構有名なのでしょうか?私は初めて聴きましたが^^

演歌歌手の須永季弥子さんは、足利出身だそうです。

アマゾンで30秒視聴できますが、

「それっ! はぁ~~  一度おいでよ、足利へぇ~ かなふり松の木 孔子様~♪」

「ドコトン ドコトン ドコトントン♪」 という曲でした(^o^)

 

真氣”奇跡〜生命の輝き ふるさとへの想い〜

足利市出身の真氣さん。

ふるさとに咲く大藤に想いを寄せて書き下ろした一曲。

ピアノ、ギター、バイオリンと共に織り成す癒しの世界。

 

hacto(白兎)“風・雲・流・水”

●hacto(白兎)“風・雲・流・水”CD(2012/3/26)

●hacto(白兎)“風・雲・流・水”CD(2012/3/26) 価格:2,000円(税込、送料別)

こちらも足利出身のアーティスト、hacto(白兎)さんです。

大学卒業後、音楽専門学校で作曲を学び、バンド活動を開始。2006年、ストリートライブを 重ね自主制作アルバム「君をのせて」発表。2008年以降、ソロでの弾き語り活動に転向。 2009年10月、「足利コミュニティコンサート」栃木県足利市主催のコンテストで優勝し400人 の足利ファンを魅了。2010年3月、因幡の白ウサギにあやかり、「白兎」として活動開始。 そして、本格的にオリジナル曲を書き溜めていく。自主制作ミニアルバム「Vol.1」「Vol.2」 を2枚連続リリースし600枚完売。2011年、新規一転新生「hacto」と改め、年間100本以上の ライブ活動を精力的に行う。2012年、株式会社クロールに所属。3月フルアルバム 「風・雲・流・水」にて、念願の全国CDデビュー!鳥取出身のシンガーソングライター。 ハイトーンの透明感のある歌声と優しいメロディ、全国へ届けるべく関東を中心に活動してます。

syjp

栃木県足利市発(初)ダンスミュージックレーベル syjp RECORDS in Ashikaga

YOUTUBEにリミックスがありました。 ↓ ボーカロイド系の曲ですね。

足利市立坂西中学校の生徒さん

こちら、平成15年度の「こども音楽コンクール中学校合唱編2」のCDです。

7曲目に、足利市立坂西中学校の生徒さんが歌う

「スンナ・ウィル・ビー・ダン」が収録されています。

カタカナだと分かりにくいですが、「Soon Ah Will Be Done」という黒人霊歌です。

↓ よく耳にするゴスペルに比べてより宗教色が強い曲ですね。

難しい曲を選択したなぁと思います。

 

足利尊氏の凧

足利尊氏の凧です。これはなかなかカッコいいです♪

尊氏繫がりの足利土産グッズはまだまだ発展の余地がありそうな気がします。

足利尊氏再発見 [ 峰岸純夫]

【送料無料】足利尊氏再発見 [ 峰岸純夫 ]

【送料無料】足利尊氏再発見 [ 峰岸純夫 ] 価格:2,310円(税込、送料込)

著者は群馬県出身で、新田荘をを研究している歴史学者です。

「室町幕府を開いた尊氏とその一族に、最新の研究成果で迫った決定版。肖像画の像主究明や運慶ら仏師との関係など、歴史と美術の双方からアプローチ。兄弟間の確執の真相や尊氏を支えた人々を探り、新たな尊氏像を描く。」

 

日本の旅 小京都 第4集

日本の旅 小京都 第4集 【DVD】

日本の旅 小京都 第4集 【DVD】 価格:4,442円(税込、送料別)

「小京都」第4集に足利が取り上げられています。

飯田(長野県)/松本(長野県)/飯山(長野県)/城端(富山県)/金沢(石川県)/小川(埼玉県)/栃木(栃木県)/佐野(栃木県)/足利(栃木県)/加茂(新潟県)

佐野も入っているのが初耳なんですが^^

樺崎寺跡 足利一門を祀る下野の中世寺院/大澤伸啓

樺崎寺跡 足利一門を祀る下野の中世寺院

樺崎寺跡 足利一門を祀る下野の中世寺院 価格:1,890円(税込、送料別)

樺崎寺跡(樺崎八幡宮)の本です。

足利藩/菊地卓

こちらの著者は菊地卓さん。足利女子高等学校で教鞭をとられておられました。私は世界史選択でしたが、覚えてますよ(^_^)

「風雪に耐える松のようにと、領民を指導した藩主たち。足利学校内の藩校求道館、寺子屋・私塾も数多かった。維新動乱では新政府につき織物業を振興。栃木西南部の中核都市として文教・観光に伝統を生かす。」

慶応四年の田崎草雲 その知られざる姿/菊地卓

草雲美術館の記事でもご紹介した本です。同じく菊地卓さん著

草雲を敬愛してやまない著者が、草雲の日記や弟子の文献を丹念にひもとき、もっとも輝いていた慶応四年の行動などから「人間・田崎草雲」の真実像に迫った、愛情あふれる草雲研究書である。

菊地卓(キクチタカシ)

1944年栃木県足利市生まれ。国学院大学卒(日本史学専攻)。栃木県立今市高等学校、同足利女子高等学校を経て、現在栃木県立足利南高等学校教諭。元栃木県史料所在調査員。元足利市史蹟委員。足利市文化財専門委員会委員。足利郷土史料研究所主宰。足利市在住。国史学会・東国文化研究会・栃木県の歴史と文化を語る会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。

足利浪漫紀行 知られざる歴史を訪ねて/日下部高明/菊地卓

足利氏の発祥の地、関東の小京都「足利」。古代から近世、近現代にいたる足利のあゆみ、見どころをスケッチ、写真、図版を交え、8地域に分けて紹介した歴史案内。大幅な修正や全面書き換えを行った新訂版。

 

京都、リヨン、そして足利 近代絹織物と近藤徳太郎/日下部高明

足利の織物の歴史を描いた作品です。著書は足利学校の広報課長を務めていた日下部高明氏。

本の内容は「明治28年、足利産地の織物関係者のすべての人々の驚愕と歓喜の中に、栃木県工業学校初代校長として迎えられた近藤徳太郎。大正から昭和にかけて隆盛を極めた「足利本銘仙」の誕生と近代工業教育の発展に生涯を捧げた彼の足跡を描いている。」です。

「足利の伝説」 台 一雄

「足利の伝説」 台 一雄 著 岩下書店発行 1974年

表紙の写真もなければ、本の内容の紹介も載っていないので、

何が書いてあるのかとても気になる本です(^_^)

足利にはいろんな伝承があるそうなので、そういう本かと推測しますが。

県立図書館にはおいてあるのでしょうか^^

→と思ったら、実家の本棚にありました。いつかネタにしたいと思います(^_^)

地域よ、蘇れ! 再生最前線の試み/産経新聞社

廃校が生まれ変わる、旧街道がにぎわう、歴史と伝統が輝く…地域再生の努力と工夫を追う

北海道利尻富士町-廃校舎を改修して名水を生産/青森県八戸市-風、廃棄物利用…新エネルギーで電力供給/岩手県雫石町-住民と協働で“内発的産業”のすすめ/宮城県仙南地域-芸術をアウトリーチ/山形県鶴岡市-最先端バイオの拠点づくり/福島県会津若松市-会津大を拠点に産学連携でベンチャーランド/茨城県常陸大宮市-体験型学習で観光客誘致/栃木県足利市-『足利学校』の精神を生かす/埼玉県草加市-『今様 草加宿』で地域再生/埼玉県本庄市-「ワセダブランド」を活用〔ほか〕

 

町並みまちづくり物語/西村幸夫

全国各地で、歴史を実感し快適な住環境を求め、あるいは地域活性化をめざして、主役である市民と行政、そして専門家が力を合わせて取り組み、成果をあげている。本書は、著者自らが、地元にどっかり腰を据え、信頼関係を基盤に、永年にわたり指導してきたまちづくりの経緯をドラマチックに紹介する。

十年後の小樽運河-北海道小樽市/建物の再生が都市にいのちを与える-北海道函館市/友愛義団の心意気をいまに-栃木県足利市/製糸のまちから蔵造りのまちづくり-長野県須坂市/すべては若林邸から始まった-新潟県村上市/狐の嫁入り行列に似合ったまちづくり-新潟県津川町/住民主体の古くて新しいまちづくり-愛知県足助町/日々前進する飛騨の匠の町並み-岐阜県古川町/それはドブ川から始まった-滋賀県近江八幡市/赤レンガの「発見」-京都府舞鶴市〔ほか〕

 

正統の蕎麦屋

【送料無料】正統の蕎麦屋 [ サライ編集部 ]

【送料無料】正統の蕎麦屋 [ サライ編集部 ] 価格:1,260円(税込、送料込)

「江戸の昔から続く正統老舗蕎麦屋の数々。『うまい蕎麦を提供する』という高い志は同じなれど、個性はそれぞれ。本書をご覧になり、貴方の「贔屓」をごゆっくりお探し下さい。」ということで、足利の一茶庵本店が出てきます。

 

北関東ひろびろサイクリングマップ

北関東は自転車パラダイス。からっ風の中を、ひろびろ走る気持ちよさ。ローカル線で輪行サイクリングも。

つくばサイエンスシティ木漏れ日お散歩コースー茨城県つくば市/完全攻略つくばりんりんロードー茨城県土浦市・つくば市・桜川市/霞ヶ浦一周コースー茨城県土浦市・阿見町・美浦村・稲敷市・潮来市・行方市・かすみがうら/筑波の峠スパルタンコースー茨城県土浦市・石岡市・つくば市/日立海沿いお気楽コースー茨城県日立市・東海村・ひたちなか市・大洗町/日立の山中周回コースー茨城県常陸大宮市・常陸太田市/足利市街から北部郊外周回コースー栃木県足利市/高崎郊外ぐるり一周コースー群馬県高崎市/上信電鉄沿線自然と歴史探索コースー群馬県下仁田町・富岡市/わたらせ渓谷鉄道輪行&並走コースー群馬県みどり市・桐生市/飯能郊外8の字周回コースー埼玉県飯能市・日高市・入間市/飯能の山中山あり谷ありコースー埼玉県飯能市/秩父長瀞まったりお散歩コースー埼玉県秩父市・小鹿野町・皆野町

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 足利情報へ にほんブログ村 関東旅行 ブログランキングへ


[スポンサーリンク]
 

足利グッズ1 足利出身者の著作本 足利出身の有名人


(このページの訪問者は 542 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です