銀釜 足利で釜めしと言えばココ! ★★★★

 

最終更新日  2017/11/1 訪問日  2017/10月 他20回以上

【釜めし 銀釜】 基本情報

かまめし ぎんがま

住所:〒326-0814 栃木県足利市通2丁目2627
TEL:0284-21-2657
公式サイト

【営業時間・定休日】

営業時間:11:30~14:00(L.O.)、16:30~20:30(L.O.)
定休日:水曜日

口コミ評価:google 4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆釜飯が好き
◆鑁阿寺・足利学校周辺で和食のお店を探している
◆一品料理や鍋物も食べたい
◆法事や会食に使えるお店を探している
◆刀剣イベントのために遠征したい


[スポンサーリンク]







【足利で釜めしと言えば  銀釜 】

「銀釜」は創業90年(昭和元年、1926)の老舗の和食&釜めしのお店です。

地元では接待や会食でもおなじみですが、鑁阿寺、足利学校からも徒歩圏内、ランチも営業しているので、観光客にも人気のお店です。

場所は、旧50号線(県道64号)通2丁目の交差点を西へ、「コバデン」という電気屋さんと大ちゃん人形(ポケスポット)がある建設会社の間から路地に入って20mほどのところにあります。

銀釜2-1

お店の外観。

*玄関左にある小さなたぬき像がポケストップになっているので、お昼時は花びらが舞っていますよ^^

お店の左隣と向かいに駐車場があります。

満車の場合には、石畳通りの方にある「たかうじ君広場駐車場」(無料)又はコバデンとクレープ屋さんの間にある「通2丁目駐車場」(有料)へ。

⇒参考記事:足利市内の駐車場

 

銀釜2-2

入り口横のディスプレイ

銀釜2-3

店内1階はテーブル席、と小上がり席、2階はお座敷席(主に宴会用)です。

銀釜2-5

1階奥のテーブル席、
銀釜2-6

小上がり席。

銀釜2-4

1階ではガラス越しに釜めしを炊いている様子が見えます。

【釜めし 銀釜 メニュー】

さてさて、「銀釜」に個人的に訪問するのは10年ぶりくらいです。

いつも同じものしか注文しませんでしたが、当時はなかったメニューも増えました(2017/10月現在)。

銀釜2-7

冷やし釜めし、ビフテキ釜めし、ドリアは以前からあったのか記憶が定かではありません。

銀釜2-12

写真付のメニューもあるので、初めてでもどんな釜めしなのか分かりやすいです。

お得なランチメニューは鳥かつ丼630円他(土日祝は除く)

お持ち帰りもできますよ。

⇒釜めしメニューの一覧は公式サイトへ

 

更に気づいたのが、メニューの下にある英語の表記。

最近では外国からのお客さんも増えたそうで(ほぼ毎日だとか)、中国語、英語で寄せ書きしたものを見せてもらいました。

鑁阿寺が国宝になってから、もちろん、日本人の観光客も以前に比べて増えたそうです。

めでたし、めでたし。

 

着席すると出てきたお番茶。急須のコースターは「銀」の透かし彫り。

「足得パス」を提示してウーロン茶のサービスをいただきました(「足得パス」は下部に記載しています)。

 

【銀釜の釜めしメニュー ドリア釜めし、松茸釜めし&若竹づく】

釜めしはこんな姿でやってきます。

前から気になっていたドリアの釜めしを始めて注文。お好みでタバスコをどうぞ。

表面にはチーズの焦げ目がついたホワイトソース、中は鳥肉や海老等が入っています。お米は醬油だしだと思いますが、これがクリーミーなソースと良く合います。大人でも子供でも楽しめるメニュー。

こちらは10月~11月上旬限定の「松茸釜めし」2,500円(表記は全て税別)

「上」は3,500円、土瓶蒸しなどもついた松茸尽くしのコースは6,300円

釜の中から松茸のいい香りが上ってきます♪

食べきれなかったらパックをもらえるのでお持ち帰りもできます。

 

続いていは、4月末までの季節限定メニュー

「若竹料理 若竹づくし」 3,500円です。

銀釜2-15

セットの茶碗蒸し

トロトロ加減といい、ダシの感じといい、好みの茶碗蒸しの味でした。

銀釜2-16

野菜とたけのこ、海老の天ぷら。

かき揚げほど細かく刻んではおらず、ほどほどの大きさの野菜をまとめて揚げてあります。

 

たけのこを天ぷらで食べるという機会はそれほどありませんが、これはなかなか美味しかったです。

海老もプリプリでした。

銀釜2-17

こちらは、たけのことホタルイカの煮物。

たけのこは程よい柔らかさと歯ごたえ、ダシの味もしみていました。

銀釜2-23

メインのたけのこの釜めし。

盛り付けも綺麗です。

銀釜2-24

お米はふっくらとしていて、つやがあります。

醤油ベースのダシも、濃すぎず薄すぎず。

おかずがなくともご飯の進む味です。

銀釜2-25

少なくなってきたら、最後はステンレスのスプーンで

おこげをガリガリ削って食べました^^

銀釜2-27銀釜2-22

セットのお味噌汁とお新香。

 

さすがに、お味噌汁にはたけのこは入っていませんでした。

でも、どちらも最後まで美味しかったです。

銀釜2-28

セットの抹茶アイスで口もさっぱり。

 

【銀釜 単品メニュー】

 

鳥肉好きの私は、銀釜に来ると必ず鳥肉の一品料理を注文します。

銀釜2-19

やきとり 400円

小ぶりだけれど、ジューシーな鳥肉。

タレの上から山椒がかかっていて、うなぎ屋さんで食べる焼き鳥のような上品な味わいです。

銀釜2-21

立田揚げ 650円

 

ムネ肉を薄く切り、生姜醤油につけ、片栗粉をまぶして揚げてあります。

軽くした味はついていますが、ソースはおろし大根で。

 

肉汁がジュワーッと出てきて、たまりません(>_<)

小学生の頃から食べている味なのですが、久しぶりにありつけました^^

からあげ 600円

夕方のメニューにはなかったですが、からあげ定食にもできます。

鳥焼丼 800円

こちらも定食にできます。ランチならば単品630円、セットで1,000円。

生野菜 480円

「サラダ」と呼ばないところが面白い。

キャベツの千切りが主、ヤングコーンとツナにマヨネーズが添えてあります。

ドレッシングはフレンチ風。

銀釜2-30

最後に、アイスクリームを追加。 260円

銀釜2-13

単品メニューの写真

うなぎの蒲焼や、カキ鍋などもあります。

*カキは冬季限定

 

釜めしは注文してから20分~25分くらいかかります。

観光等で帰り時間が気になる場合には、電話注文&予約をしてからお出かけするのがおすすめです。

 

【釜めし銀釜 お店の感想】

 

今回は会合で利用したので自分の食べたいメニューを注文出来た満足感も高かったのですが、釜めしの炊き具合、ご飯の質ともに、前回訪問した時より数段レベルアップしていました。

どれもこれも美味しかったです!

前回は宴会用のメニュー&大人数だったせいもあるかもしれません。

 

というわけで、今回のメニューは、

食べログ的には、3.6点/5.0点

 

【参考までに 前回の宴会メニュー】

コースメニュー

自腹ではないので分かりませんが、お店のメニューを見ると5,000円の「尊氏コース」のようでした。

銀釜5銀釜4

蟹とわかめの酢の物、大正海老の鬼ガラ焼。

大正海老の身は炙った香ばしい味でした。

銀釜8銀釜3

お刺身と天ぷら

マグロはイマイチでしたが、他は美味しかったです。

銀釜7

茶碗蒸し

出汁が強めです。

銀釜9

主役の釜めしは、五目釜飯でした。

具材は、きぬさや、海老、ホタテ、鶏肉、椎茸、竹の子、かまぼこ、たまご等。

味が染み込んでいて美味しいです。

 

銀釜11銀釜6

椎茸と三つ葉、豆腐のお味噌汁、お新香

銀釜12

デザートの苺

 

ちなみに、鑁阿寺の南側向かいにある「ビジネスホテルわかさ」に宿泊すると、「銀釜」での夕食をチョイスできるプランがあります。

 

「銀釜」は足利らしいお店ですので、足利観光の際には是非どうぞ(^^♪

 


⇒「銀釜」をネット予約する・クーポンが出ているかチェックする♪


⇒「銀釜」の国廣感謝祭と映画ロケの情報は次のページへ

(このページの訪問者は 2,075 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です